窓掃除で試したいウロコ汚れの落とし方

窓掃除で試したいウロコ汚れの落とし方を紹介します。掃き出しとかで活躍する方法です。正直、家庭向きとは言えないところもありますが、自分で窓掃除をしているなら覚えておいて損はないと思います。

ウロコ汚れの除去は窓掃除における最後の手段。スクイジーを使う前にやると、ガラスが消えたような仕上がりになる。

洗剤・清掃用品

ウロコ汚れの除去で選べるのは、酸性洗剤か研磨剤のどちらかです。今回は以下の道具でウロコ汚れを落としていきます。

酸性洗剤
窓ガラスのウロコ汚れには酸性洗剤が有効です。有名なのはパシカのミラースカットMIYAKIのクリンカなど。電動工具(ハンドポリッシャーなど)がいらないのも魅力のひとつです。
スポンジ
酸性洗剤の補助をしてくれるスポンジは、200円ちょっとですごくいいやつが買えます。それはNCAのファブリックシート(青)。住まいの掃除全般で使えるため、いつもまとめ買いしています。
スクイジー
窓掃除に欠かせないスクイジー。仕上げで活躍するのはもちろんのこと、途中のチェックでも使えます。新品みたいなガラスにしたいなら、必ず用意しましょう。
ゴム手袋
肘までカバーできるものが望ましい。ウロコ汚れ用の洗剤は、クエン酸みたいにやさしくありません。手が荒れやすい人、ケガをしている人は、ゴム手袋を着用を忘れないでください。

これで道具が出揃いました。酸性洗剤を選んだのはスピードを重視したからです。窓ガラスのウロコ汚れでは次の法則が当てはまります。

  • スピードの酸性洗剤
  • パワーの研磨剤

どちらも一長一短ですが、この法則さえ覚えておけば洗剤選びで迷うことはありません。次は具体的な落とし方を説明していきます。

ウロコ汚れの落とし方

ウロコ汚れの落とし方は、酸性洗剤を塗ったガラス面をスポンジでこするというものです。力を入れる必要はありません。この場合、サッと撫でるくらいがちょうどいいです。詳しい手順は次のとおり。

  1. ガラス面のゴミを洗い流す
  2. 洗剤を原液で塗布する
  3. すかさずスポンジでこする
  4. きれいな水ですすぐ
  5. スクイジーで水を切る

これで真っ白になっていた窓ガラスもスッキリします。掃き出しみたいに大きな窓をキレイにする場合は、少しずつやるとトラブルになりにくいです。仕上がりをビフォーアフターで見てみましょう。

ウロコ汚れ

清掃前

外の景色が霞んでしまうほどウロコ汚れが発生しています。おそらく何年も雨ざらしになっていたのでしょう。このままでは外の景色を楽しめないばかりか、掃除のモチベーションも上がってきそうにありません。

窓ガラス

清掃後

外の景色がハッキリ見えるようになりました。まるでガラスだけ入れ換えたみたいです。作業時間については写真の範囲(仕上げ込み)で5分くらいでした。これはかなり早いと言えるでしょう。

コツ・ポイント

ここまで窓ガラスに発生したウロコ汚れの落とし方を説明してきましたが、この手順はそっくりそのまま浴室でも利用できます。以下では写真と共に詳細を紹介しているので、こちらも併せて参考にしてください。