窓掃除 | 結露の垂れ染みがスッキリ消える方法

結露の垂れ染みがスッキリ消える方法を紹介します。洗剤を使わずにキレイにする方法です。飾り気のない手順にびっくりするかもしれませんが、結露に悩まされているご家庭では役に立つと思います。

洗剤・清掃用品

結露の垂れ染みを消すには、いつもの窓掃除では見ない道具が必要です。今回は以下のアイテムを用意しました。

メラミンスポンジ
メラミン樹脂をミクロン単位で発砲させたメラミンスポンジ。硬度の高い骨格構造をしているため洗剤を必要とせず、しつこい汚れを水だけでかき取ることができます。
タオル
拭き取り用に1枚。タオル、雑巾、何でも構いません。細かい毛クズが気になるときは、着古した肌着やTシャツといったメリヤス編みのウエスを用意するといいでしょう。
スクイジー
垂れ染みとは関係ありませんが、いい機会なのでスクイジーを使って窓ガラスもキレイにしてあげましょう。ガラスがピカピカになれば相乗効果でより達成感を感じられるはずです。
ゴム手袋
手が汚れるのを防いでくれるゴム手袋。サッシは垂れ染みの他にカビやホコリが付着しています。素手でさわるのに抵抗がある人もいそうなので、気になる場合はお好みで用意してください。

用意してほしい道具はこれで全部です。スクイジーに関しては絶対に必要なものではありません。あくまでオマケみたいなものです。少しでもキレイにしたい人はガラス面の掃除もやってみてください。

垂れ染みの落とし方

垂れ染みの落とし方は、メラミンスポンジで軽く撫でるだけです。それ以外にやることはありません。たったこれだけで清潔感のかけらもなかったサッシが見違えるほどキレイになります。詳しい手順は次のとおり。

  1. スポンジを濡らす
  2. 垂れ染みを撫でる
  3. タオルで拭く
  4. 取りこぼしの確認

あまりにもカンタンすぎて拍子抜けですね。ただ、この手順からもわかるように、住まいの掃除というのは汚れに適した道具選びをしてあげると、手順がビックリするくらい単純になります。実際にやってみました。

垂れ染み

清掃前

結露のせいでたくさんの垂れ染みができています。水滴が付いたときに拭き取れば予防できたはずですが、結露が出るたびにそれをやるのは現実的じゃありません。ある意味、仕方のない結果です。

サッシ

清掃後

結露の垂れ染みが消えて窓が生まれ変わりました。Magic Eraser(魔法の消しゴム)と呼ばれるだけのことはありますね。これなら窓を開閉するたびに嫌な思いをしなくて済みますし、カーテンが汚れることもないでしょう。

コツ・ポイント

メラミンスポンジの汚れをかき取る力は、金属が編み込まれたスポンジと同じくらい強いです。力を入れ過ぎるとサッシの塗装が削れます。作業をするときは強く押さえつけず、表面を撫でる感じでやってみてください。