タオル掛けに発生した点サビの落とし方

タオル掛けに発生した点サビの落とし方を紹介します。たった4工程でキレイにする方法です。この手順が利用できるのはメッキの部分だけですが、気になっていたポツポツ汚れをスッキリさせてくれます。

洗剤・清掃用品

どんな道具を使うの?

タオル掛けの点サビを落とすには、水まわりの掃除で定番のアイテムが必要です。今回は以下の4つを用意しました。

酸性洗剤
点サビと相性のいい酸性洗剤。スペースショットのハルトみたいにリン酸をベースにした洗剤は、サビの除去だけでなくツヤ出し効果も期待できます。クエン酸でも代用可です。
研磨剤
酸性洗剤で落としきれない点サビには、研磨剤による物理的な掃除が有効です。ただしメッキを傷つける研磨剤を選んではいけません。GSR(ジーエスアール)みたいに安心して使えるものにしましょう。
スポンジ
洗剤と研磨剤の補助をしてくれるスポンジ。水だけで汚れが落とせるNCAのファブリックシートは、洗剤や研磨剤と一緒に使っても素晴らしいパフォーマンスを見せてくれます。
ゴム手袋
手荒れ防止に。最近の洗剤は安全に配慮されており、素手でさわっても平気なものが多いです。ただし全ての洗剤がそうだとは限りません。どんなものか判断できないときは、ゴム手袋を用意しましょう。

これで点サビが落とせます。GSRの詳細を知りたい場合は、以下の記事を参考にしてください。ハウスクリーニング業者が絶賛するクリーナーです。普段の掃除でも十分活躍してくれるでしょう。

点サビの落とし方

どんな手順でやるの?

点サビの落とし方は、酸性洗剤で前処理したあとに研磨剤でこするというものです。特別な技術はいりません。ひとつずつ順番どおりにやっていけば誰がやっても上手くいきます。詳しい手順は次のとおり。

  1. 酸性洗剤を万遍なく塗る
  2. そのまま10分くらい待つ
  3. 研磨剤でゴシゴシこする
  4. 濡らしたタオルで拭き取る

これでタオル掛けに輝きが戻ります。酸性洗剤を塗る範囲については、点サビが出ていないところも対象にしてください。酸性洗剤にはツヤ出し効果があります。全体に塗ってピカピカにしましょう。

実際にやってみました。

点サビ

清掃前

洗面所のタオル掛けが点サビに浸食されています。手ざわりもザラザラしていて、いかにも汚れていますといった感じ。このままでは洗面所から清潔感が消えてしまうかもしれません。

タオル掛け

清掃後

タオル掛けが本当の姿を取り戻しました。ポツポツした点サビも消えており、掃除をする前とは別物みたいです。実際にやってみた感想としては、ほとんどが待ち時間でやけにあっさり終わったなという感じでした。

コツ・ポイント

タオル掛けの点サビは汚れの中でも落としやすいほうですが、放ったらかしにしておくのはよくありません。メッキを劣化から守る意味でも、なるべく早いうちに掃除をしてください。