洗面台 | 乾くと出てくる白い水垢の落とし方

洗面台に出てくる白い水垢の落とし方を紹介します。乾くと浮かび上がってくる水垢の落とし方です。イメージ的にはすごく大変そうな汚れですが、やり方さえ覚えればすぐに解決できます。

洗剤・清掃用品

どんな道具を使うの?

洗面台の水垢によく効くのは、物理的に汚れを落としてくれるクリーナーです。今回は以下のクリーナーを用意しました。

研磨剤
たくさんの種類がある研磨剤。実は「これがあれば他はいらない」というすごいやつがあります。それはGSR(ジーエスアール)。研磨剤の代わりにミネラルで汚れを落とすクリーナーです。
酸性洗剤
洗面台みたいな水まわりに出てくる汚れは、酸性洗剤で前処理をしておくと落としやすくなります。クエン酸でも十分効果に期待できます。少しでも楽をしたい人は用意してみましょう。
スポンジ
研磨剤の補助をしてくれるスポンジ。水だけで汚れが落とせるNCAのファブリックシートは、洗剤や研磨剤と一緒に使っても素晴らしいパフォーマンスを見せてくれます。
ゴム手袋
ここまで説明してきた洗剤や清掃用品は、ちゃんと安全性に配慮されており、素手でさわったところでピリピリしたりしません。ただし気になるようならゴム手袋を着用してください。

どれも掃除では定番のアイテムですね。研磨剤を選んだのは1人でも多くの人に成功してもらうためです。水垢は酸性洗剤だけでも落とせます。ただ、それだと難易度が上がってしまうので、扱いやすい研磨剤を加えました。

水垢の落とし方

どんな手順でやるの?

洗面台の水垢を落とす手順は、酸性洗剤で前処理したあとにスポンジでこするというものです。特別な技術はいりません。ひとつずつ順番どおりにやっていけば誰がやっても成功します。詳しい手順は次のとおり。

  1. 酸性洗剤を万遍なく塗る
  2. そのまま10分くらい待つ
  3. 研磨剤でゴシゴシこする
  4. シャワーで丁寧にすすぐ

これで乾くと出てくる水垢とサヨナラです。洗面台に石材が使われている場合は、前処理をやってはいけません。石材は酸性洗剤が苦手です。ムリにやると表面が溶けちゃうので気をつけましょう。

上記の手順どおりにやってみました。

水垢

清掃前

水垢のせいで洗面ボウルが白くなっています。手ざわりもザラザラしており、いかにも汚れていますといった感じです。このままでは洗面台全体が古臭い印象になってしまうかもしれません。

洗面ボウル

清掃後

洗面ボウルにしっとりとした輝きが戻ってきました。水垢が取り除かれたことで手ざわりもよくなり、水の弾き方も変わりました。まるで別物みたいです。これで気持ちよく洗面台を使えるようになりました。

コツ・ポイント

洗面台の水垢を落とすときに大切なのは手の動かし方。最初に5センチ四方をキレイにしてそこから少しずつ範囲を広げていくと、水垢の取りこぼしを出さずに掃除をすることができます。