蛇口の緑青が15分で消える落とし方

蛇口の緑青が15分で消える落とし方を紹介します。短時間でサクッとキレイにする方法です。スピード重視ですから重度の緑青は対象外ですが、軽~中くらいのやつならすぐに解決できます。

洗剤・清掃用品

どんな道具を使うの?

蛇口の緑青を落とすには、メッキにダメージを与えない洗剤と清掃用品が欠かせません。今回は以下のアイテムを選びました。

酸性洗剤
緑青の除去には酸性洗剤が有効です。なかでもスペースショットのサビ落としトイレクリーナーは扱いやすさに定評があり、デリケートなメッキに対しても安心して利用できます。
刷毛
スプレイヤーの代わりとして使います。住まいの掃除では頻繁に登場するアイテムです。手頃なものだと100円くらいで買えますし、まだ持っていない人は買っておくといいかもしれません。
スポンジ
酸性洗剤と同じくらい大切なスポンジ。素材を傷つける恐れがあるメラミンスポンジは使えません。わたしのお気に入りは、蛇口用のスポンジとして売られているNCAのファブリックシート(青)です。
タオル
蛇口の掃除するときに欠かせないタオル。手を拭いたりするだけが仕事ではありません。今回はとても大切な役割があるので、乾いたままの状態で側に置いておいてください。

これで緑青の除去ができます。酸性洗剤に関しては、穏やかな効き目をしたものなら何を選んでも大きな差はありません。代用できるものがあるなら積極的にそちらを使っていきましょう。

緑青の落とし方

どんな手順でやるの?

緑青の落とし方は全部で4工程。制限時間の15分を超えないよう、なるべくシンプルにしました。詳しく見ていきましょう。

緑青

1. 蛇口の状態を確認する

緑青の除去をはじめる前に蛇口をチェックします。傷や劣化はないか?洗剤の浸透を妨げるホコリはないか?もし何か見つかったとしても、先に対処しておけば問題ありません。

2. 酸性洗剤を塗る

問題がないのを確認したら、酸性洗剤を塗っていきます。ここで大切なのは蛇口全体に塗ること。緑青が出ていないところにも塗っておく理由については、記事の最後で説明します。

3. スポンジでこする

10分待ったらスポンジで全体をこすっていきます。ハンドル、ノズル、手が届きにくいところも忘れずにゴシゴシ。緑青に関しては、きちんと洗剤が侵透していれば楽に落とせるでしょう。

蛇口

4. すすぎをして仕上げ

すすぎをしたあとにタオルで乾拭きすると、ピカピカの蛇口に生まれ変わりました。まさに劇的ビフォーアフター。仕上がりだけを見た人はこれが緑青で汚れていた蛇口とは気づかないでしょう。

コツ・ポイント

先ほど酸性洗剤を全体に塗布したのは、蛇口の光沢をアップさせるためです。酸性洗剤にはツヤ出し効果があります。これは見た目に大きな影響を与えるところなので、しっかり覚えておいてください。