壁紙の黒ずみがサクッと落とせる手順

壁紙の黒ずみがサクッと落とせる手順を紹介します。短い時間で本来の白さを取り戻す方法です。あくまで掃除ですから経年劣化などの変色には対応していませんが、カビが生えた壁紙もキレイにできるという意味では、かなり使い勝手のいい手順だと思います。
壁紙の表面は意外と脆く、メラミンスポンジなどでこするとたちまちボロボロになる。そうなると掃除どころではないため、絶対にやめておこう。

準備する掃除道具

過炭酸ナトリウム
酸素系漂白剤の仲間でもある過炭酸ナトリウム。使用後に炭酸ソーダ、水、酸素へと分解される安全性は、水が流せない壁紙の掃除において大きな強みとなります。
パッド
壁紙のくぼみから汚れをかきだしてくれるパッドは、毛足が細くて短いものがおすすめです。今回は凸凹美装というパッドを用意しました。
タオル
過炭酸ナトリウムによって浮かび上がった黒ずみの拭き取りに利用します。きたないタオルはNG。壁紙に汚れが移ってしまわないように、なるべくキレイなタオルを用意してください。
ゴム手袋
過炭酸ナトリウムを素手でさわっていると、手が白くなってピリピリすることも…。掃除をするときはなるべく厚めのゴム手袋を用意して手荒れを予防しましょう。

黒ずみの落とし方

黒ずみ
1. 壁紙に洗剤を塗る 40~50度のお湯に溶かして作った過炭酸ナトリウム水を壁紙に塗り込みます。これにより深いところへ入り込んでいた黒ずみが浮かび上がり、格段に落としやすくなります。
2. パッドでこする 洗剤を塗り込んだら、すかさずパッドでこすります。イメージとしては壁紙のくぼみから黒ずみをかきだすような感じ。小さな円を描くようにゴシゴシやると万遍なくパッドが当たります。
壁紙
3. タオルで拭き取る キレイなタオルで汚水を回収したらできあがり。黒ずみを浮かす→かきだすという手順をしっかりやっていたおかげで、新品と見間違うような仕上がりになりました。

コツ・ポイント

壁紙の黒ずみに効く過炭酸ナトリウムは、時間の経過や温度の低下と共に少しずつ洗浄力が失われていきます。これは漂白力にも同じことが言えるので、実際に作業をするときは作り置きしたものを使わず、直前に混ぜたものだけで掃除をするようにしましょう。