カビで灰色になった壁紙をキレイにする方法

カビで灰色になった壁紙をキレイにする方法を紹介します。はじめての人もチャレンジしてもらえる方法です。家庭向けの掃除術ですから限界はありますが、調子がよければ真っ白な壁紙に生まれ変わります。

洗剤・清掃用品

どんな道具を使うの?

壁紙のカビを落とすには漂白効果のある洗剤が必要です。今回は以下のアイテムを用意しました。

過炭酸ナトリウム
カビが生えた壁紙の掃除には酸素系漂白剤がおすすめ。その代表格である過炭酸ナトリウムは、壁紙のカビが落とせる力を持ちながら、塩素系漂白剤みたいに嫌なニオイを残しません。
パッド
表面がザラザラしている壁紙には、汚れをかき出せるパッドが欠かせません。何を選べばいいのかわからないときは凸凹美装(でこぼこびそう)というパッドを使ってみてください。
タオル
洗剤の拭き取り用に。あらかじめ濡らしたタオルを何枚か用意しておくと、途中で洗いに行く手間が省けます。キレイなタオルで拭くことは仕上がりにも影響してくるので、多めに用意しておきましょう。
ゴム手袋
手荒れ予防に。過炭酸ナトリウムは炭酸ソーダと水と酸素に分解される安全な洗剤です。ただし素手でさわるとかゆくなったりするので、掃除をするときはゴム手袋を着用しましょう。

安全にも配慮した組み合わせですね。過炭酸ナトリウムを選んだのは塩素系漂白剤よりも問題が起きにくいからです。寝室や子供部屋の掃除にも利用できます。安心してやってみてください。

カビの落とし方

どんな手順でやるの?

カビの落とし方は、過炭酸ナトリウムを塗った壁紙をパッドでこするというものです。時間は掛かりません。塗る、こする、拭き取る、この3つをきっちりやればすぐ終わります。詳しい手順は次のとおり。

  1. お湯で希釈した過炭酸ナトリウムを塗布
  2. パッドで小さな円を描きながらゴシゴシ
  3. キレイなタオルで汚れをしっかり拭き取る

基本はこんな感じです。お湯の温度については40~50度を目安にしてください。過炭酸ナトリウムの漂白効果は温度に比例します。原則として作り置きはせず直前に混ぜたものだけを使うようにしましょう。

実際にやってみました。

カビ

清掃前

壁紙にカビが発生して全体が灰色になっています。なんだか外でよく見かける打ちっぱなしのコンクリートみたいです。このままだと飛び散った胞子が関係ないところにまでカビを広げてしまうかもしれません。

壁紙

清掃後

カビが消えて壁紙らしい色が戻ってきました。白さ、一体感、さっきの壁紙とは別物みたいです。この仕上がりなら塩素系漂白剤が大好きな人にも興味を持ってもらえるのではないでしょうか。

コツ・ポイント

過炭酸ナトリウムが落とせるのはカビだけではありません。身近なところだと、タバコのヤニ、クロス糊、黒ずみなどもキレイにしてくれるので、洗剤選びに迷ったときは試してみてください。