保存版 | 壁紙に黒ずみを見つけたときの対処法

壁紙に黒ずみを見つけたときの対処法を紹介します。掃除で解決する方法です。あくまで掃除ですから経年劣化には対応していませんが、普通の黒ずみなら5分も掛からずキレイにできます。

洗剤・清掃用品

どんな道具を使うの?

壁紙の黒ずみを落とすには、汚れを浮かび上がらせる洗剤が必要です。今回は以下のアイテムを用意しました。

酸素系漂白剤
酸素系漂白剤と聞いて真っ先に思い浮かべるのが過炭酸ナトリウム。汚れを浮かせる力と、炭酸ソーダ、水、酸素へと分解される安全性は、水が流せない壁紙の掃除において大きな強みとなります。
パッド
壁紙のくぼみから黒ずみをかき出してくれるパッドは、凸凹美装(でこぼこびそう)がおすすめです。細くて短いブラシ部分は当たりが柔らかく、メラミンスポンジみたいに壁紙を傷めません。
タオル
浮かび上がった黒ずみの拭き取りに利用します。もちろん使い古した雑巾はNG。せっかく掃除をした壁紙に汚れが移らないように、なるべくキレイなタオルを用意してください。
ゴム手袋
手荒れを防いでくれるゴム手袋。過炭酸ナトリウムを素手でさわっていると、手が白くなったりピリピリします。掃除をするときは厚めのゴム手袋を用意して手荒れを予防しましょう。

これで壁紙の黒ずみを落としていきます。過炭酸ナトリウムがない場合は、脂肪酸ナトリウムベースの洗剤でも構いません。大切なのは汚れを浮かび上がらせること。それができれば細かいことは気にしません。

黒ずみの落とし方

どんな手順でやるの?

黒ずみの落とし方は全部で3工程。あれこれとやらずに済むようシンプルな手順にしました。詳しく見ていきましょう。

黒ずみ

1. 洗剤を塗る

40~50度のお湯に溶かして作った過炭酸ナトリウム水を壁紙に塗り込みます。これにより深いところへ入り込んでいた黒ずみが浮かび上がり、格段に落としやすくなります。

2. パッドでこする

洗剤を塗り込んだら、すかさずパッドでこすります。イメージとしては壁紙のくぼみから黒ずみをかきだすような感じ。小さな円を描くようにゴシゴシやると万遍なくパッドが当たります。

壁紙

3. できあがり

キレイなタオルで汚水を回収してあげると、リフォームしたのかと思ってしまうくらいピカピカの壁紙が顔を出しました。まさに劇的ビフォーアフター。明るさも雰囲気も別物みたいで素敵です。

コツ・ポイント

壁紙の黒ずみに効く過炭酸ナトリウムは、時間の経過や温度の低下と共に洗浄力が失われます。これは漂白力にも同じことが言えるので、実際にやるときは直前に混ぜたものだけを使うようにしましょう。