もらい錆の除去手順

もらい錆の除去手順を紹介します。思いがけない場所に出てしまった錆をキレイにするための手順です。前回紹介したものよりひと手間増えていますが、その分仕上がりの美しさもアップしているので、がんばってチャレンジしてみてください。
もらい錆の発生原因になりやすいのは、ヘアピン、かみそり、傘立て、プランターなど。これらを同じ場所に置きっぱなしにすると高い確率で錆が発生する。

準備する掃除道具

錆取り剤
チオグリコール酸アンモニウムが入っているもの。リン酸をベースにした錆取り剤は使えません。おすすめはエコソフィのECサビ落しクリーナーです。
塩素系漂白剤
通称ブリーチ剤。次亜塩素酸ナトリウムが入っているものであれば、お風呂用でもキッチン用でも構いません。
スポンジ
厚みのある錆は、スポンジで軽くこすってあげると薬剤の反応スピードが上がります。必ず必要なものではありませんが、念のため用意しておきましょう。
ゴム手袋
手荒れを防いでくれるゴム手袋。今回に限らず洗剤や水を扱う場合は必須とも言えるアイテムです。

もらい錆の落とし方

もらい錆
1. 材質の確認する チオグリコール酸アンモニウムは強力に錆を落とす反面、水を吸う材質(木材など)に使うとシミを作ります。掃除を始める前に問題がないか確認しておきましょう。
チオグリコール酸アンモニウム
2. 錆取り剤を塗布する 問題がないのを確認したら錆取り剤を塗ってしばらく待ちます。紫色になるのは薬剤が効いている証拠。慌てる必要はありません。
3. 塩素系漂白剤で漂白する 錆が落ちたら水拭きして塩素系漂白剤を塗布します。これは薄っすら残ってしまった紫の色素を消すためです。水拭きした段階で残っていなければやらなくてOK。
石材
4. できあがり 最後に水拭きしたら、どこに錆があったのかわからないくらいキレイになりました。作業時間は10分くらい。とても簡単ですからサクッと終わらせましょう。

コツ・ポイント

もらい錆は設備を劣化させるため、掃除を始めるのが遅れるほどキレイな仕上がりから遠のきます。あまりにも放ったらかしにしているとチオグリコール酸アンモニウムでも落とせなくなるので、なるべく早いうちに対応してください。