柱の落書きを消す方法

柱の落書きを消すを紹介します。色鉛筆、水性ペンなどを対象とした方法です。ニスやワックスが塗られた光沢のある柱には使えませんが、はじめに試す方法としては最適だと思うので、気軽にチャレンジしてみてください。
手垢や黒ずみにも効果が期待できる方法です。小さなお子さんがいる家庭でも試してもらえるように、危険な洗剤などは使わないようにしました。

準備する掃除道具

弱アルカリ洗剤
油分を多く含む洗剤はシミになるため使えません。おすすめは洗浄力、除菌力、消臭力を兼ね備えた純植物性多目的洗浄液のエコソフィ。
メラミンスポンジ
水だけで住まいの掃除ができるメラミンスポンジ。洗剤と一緒に使うとよりキレイな仕上がりが手に入ります。
タオル
洗剤の拭き取り用に。水が流せない場所の掃除では、あらかじめ2枚くらい用意しておくと洗いに行く手間が省けます。
ゴム手袋
手荒れを防いでくれるゴム手袋。エコソフィは手にも優しい洗剤ですが、気になるようならゴム手袋を用意してください。

落書きの落とし方

落書きの落とし方は洗剤をスプレーしたあとに、メラミンスポンジでこするというものです。力を入れる必要はありません。むしろ今回のようなケースでは軽く撫でるくらいのほうが自然な仕上がりになりやすいです。詳しくは次のとおり。
  1. 洗剤をスプレーする
  2. スポンジでこする
  3. タオルでしっかり拭く
  4. 自然乾燥させる
いつもどおりシンプルな手順です。なぜこんなにスッキリしているかというと、洗剤と道具選びを慎重に行っているからです。汚れに合った洗剤を選んであげると掃除が楽になるのは、この記事でも証明されています。柱をビフォーアフターで見てみましょう。

ビフォーアフター

落書き
清掃前 緑のペンでグリグリと書かれた落書き。木材みたいに色が染み込む材質だと、この程度の落書きでも深刻な事態になりかねません。
柱
清掃後 落書きと一緒に長年の汚れも消えて柱に明るさが戻ってきました。思い出が消えてしまったのは残念ですが、キレイになってよかったです。

コツ・ポイント

キレイに仕上げるコツは、落書きがあった部分とそうでない部分の境目をなじませることです。中心部を10回こすったとしたら、そこから離れるにつれ9回、8回と回数を減らしていくと、全体とのバランスが取れて自然な仕上がりになります。