掃除術 | 巾木にカビが生えたときの対処法

巾木にカビが生えたときの対処法を紹介します。安全にカビを取り除く方法です。室内の掃除では選べる道具に限りがありますが、これを覚えておくと安全性を犠牲にしなくても巾木をキレイにできます。

洗剤・清掃用品

どんな道具を使うの?

巾木みたいに水が流せない場所では、すすぎが簡単なもので掃除をするのが鉄則です。今回は以下のアイテムを用意しました。

過炭酸ナトリウム
酸素系漂白剤の代表格でもある過炭酸ナトリウム。水が流せない場所の掃除においてこれほど頼りになるものはありません。使いどころも多いですし、重曹とセットで持っておきたいアイテムです。
掃除機
ホコリ取り用。ヘッドを外した掃除機で巾木をなぞると簡単にホコリが取り除けます。ただし、わざわざ用意するのが面倒なら刷毛でも構いません。お好きなほうを選んでください。
ブラシ
手が届かないところに溜まったカビをかき出してくれるブラシ。巾木の掃除ではとても大切な役割を果たします。あなたがもし新品みたいな仕上がりを目指すなら必ず用意しましょう。
タオル
洗剤の拭き取り用に。ジャバジャバと水が流せない巾木の掃除では、タオルでの拭き取りがすすぎの代わりになります。洗剤の成分が残らないように硬く絞ったタオルを何枚か用意しておきましょう。
ゴム手袋
過炭酸ナトリウムの水溶液を素手でさわっていると、手がかゆくなったりピリピリします。高濃度の水溶液だと指が白くなることもあるので、掃除をするときは必ずゴム手袋を着用しましょう。

巾木の掃除に必要なのはこれで全部です。過炭酸ナトリウムの使い方については次で説明します。掃除の基本みたいな使い方です。ピカピカの巾木を手に入れるためによく確認しておきましょう。

カビの落とし方

どんな手順でやるの?

カビの落とし方は、過炭酸ナトリウム水溶液を塗ってブラッシングするだけです。ただし洗剤を床に垂らすとフローリングのワックスが剥がれてしまうため、養生だけはしっかりしておいてください。詳しい手順は次のとおり。

  1. 掃除機で巾木のホコリを吸う
  2. フローリングにタオルを敷く
  3. 過炭酸ナトリウム水溶液を塗布
  4. ブラシで全体をやさしくこする
  5. キレイなタオルで汚水を回収

これで黒ずんでいた巾木がすっきりします。壁紙にまでカビが広がっている場合は、余った水溶液で掃除をしてください。過炭酸ナトリウムは壁紙も洗える万能洗剤です。手順は以下の記事が参考になるでしょう。

実際に巾木を掃除してみました。

カビ

清掃前

ホコリが湿気を吸いカビを発生させています。家具やベットを壁いっぱいに寄せていると湿気が溜まりこんな風になります。このままだと黒い色素がシミになって、張り替えになってしまうかもしれません。

巾木

清掃後

過炭酸ナトリウムで軽く洗浄をしたら巾木に白さが戻ってきました。作業時間は5分くらい。塩素系漂白剤に頼らないので、子供部屋や寝室でも試しやすく、安心感も高いのではないでしょうか

コツ・ポイント

過炭酸ナトリウムが最も漂白効果を発揮するのは、お湯(40~50度)で希釈したときです。実際に掃除をするときは作り置きしたものではなく、直前に混ぜたものを使うようにしてください。