トイレタンクの上にある手洗いの掃除

トイレタンクの上にある手洗いの掃除を紹介します。わずか4工程でスッキリさせる方法です。普段は便器の内側温水洗浄便座の掃除で手一杯だと思いますが、タンクの上にある手洗いも同じくらい重要な場所なので、やり方だけでも覚えてみてください。
陶器製の手洗いを対象とした手順です。樹脂製の手洗いには使えませんので、くれぐれもご注意ください。

準備する掃除道具

酸性洗剤
手洗いに出てくる汚れは水垢と黒ずみがメイン。これをまとめて落とすにはスペースショットのサビ落としトイレクリーナーという洗剤がおすすめです。
サンディングスポンジ
トイレのくすみを消す方法でも登場したサンディングスポンジ。クリームクレンザーと同様に陶器の受け皿を短時間でピカピカにしてくれる頼もしいアイテムです。
メッキ用のスポンジ
こちらはメッキ加工された吐水口をキレイにするためのスポンジ。サンディングスポンジは硬すぎて使えません。NCAのファブリックシートみたいに傷が入らないものを選びましょう。
ブラシ
吐水口の根元を掃除するときに欠かせないブラシ。後ほど写真で登場しますが、適度にコシがあるものを用意しておくとカチカチになった黒ずみもカンタンに落とせます。
ゴム手袋
トイレ掃除の際には用意しておきたいゴム手袋。雑菌が繁殖しているのは便器の内側だけじゃありません。あとで手を洗うとしても作業中は必ず着用しましょう。

汚れの落とし方

黒ずみ
1. 酸性洗剤を塗布する まず手洗い全体に酸性洗剤を塗布します。塗っていく順番は、①吐水口の根元、②受け皿、③メッキの順。硬い汚れから塗布することで浸透時間の差を埋めていきます。
2. サンディングスポンジで磨く 酸性洗剤の侵透を待っている間、サンディングスポンジで受け皿をキレイにしていきます。磨けばピカピカに光る場所です。しっかり水垢を落としてあげましょう。
3.ブラシでこする 受け皿がキレイになったら、続いて吐水口をキレイにしていきます。根元の黒ずみはブラシでゴシゴシ、メッキの部分に関してはファブリックシートで磨いてください。
手洗い
4. すすぎをして水分を拭き取る すすぎをしたあとにタオルで拭きあげたら、ピカピカの手洗いに生まれ変わりました。作業時間は20分くらい。古いトイレもキレイにできるのがこの手順の魅力です。

コツ・ポイント

トイレタンクの手洗いを掃除するときは、トイレ本体から手洗い鉢の部分を取り外してあげると、作業性がアップして時短に期待できます。これをやっておくと汚水がタンク内へ流れ込むのも防いでくれるので、実際にやるときは分解してから掃除を始めましょう。