トイレのふち裏掃除で役立つ手順

トイレのふち裏掃除で役立つ手順を紹介します。見えない場所に隠れている汚れを根こそぎ解決する方法です。なかには「そんな都合のいいやり方があるの?」と思う人がいるかもしれませんが、ポイントさえ押さえておけば驚くほどカンタンにキレイにできるので、手順だけでも覚えてみてください。
トイレのふち裏はニオイの原因になりやすい。便器の内側から嫌なニオイがするときは、原因となる汚れが隠れていないか確認をしてみよう。

準備する掃除道具

酸性洗剤
最近よく見かける塩素系漂白剤ベースのトイレ用洗剤は、尿石と水垢を落とすのが得意じゃありません。そこで今回は文化雑巾のビビアンという酸性洗剤を使います。
刷毛
酸性洗剤を塗り込むときに便利な刷毛。ふち裏が深くなっているトイレでは必須とも言えるアイテムです。もちろんハウスクリーニング業者も1本持っています。
スポンジ
水垢や尿石みたいに硬い汚れを落とすときはブラシよりスポンジがおすすめです。『トイレのくすみを消す方法』では、ちょっと変わったスポンジを紹介しています。
ゴム手袋
自宅のトイレだとしてもゴム手袋は着用したほうがいいです。そしてできるなら使い捨ての薄いやつじゃなくて厚手のものを用意しましょう。

汚れの落とし方

トイレのふち裏をキレイにする方法は、酸性洗剤を染み込ませた刷毛で汚れを撫でたあとにスポンジでこするというものです。力を入れる必要はありません。なぜなら水垢や尿石といった汚れは酸に弱く、洗剤を塗った時点で溶けはじめるからです。詳しい手順は次のとおり。
  1. 洗剤を塗る
  2. 10分待つ
  3. こする
  4. 水を流す
  5. できあがり
これ以上ないくらいカンタンな手順ですね。待ち時間については汚れの程度によって変えてください。たとえば尿石が酷そうなら長めに時間を置くのもありですし、逆にそういった汚れが見当たらないなら時間を置かずにゴシゴシやるのもありでしょう。

ビフォーアフター

カビ
清掃前 ふち裏にカビと尿石みたいな汚れが確認できます。割と目立つ感じではありますが、こんなに奥まった場所に出てこられると見逃してしまう人がいても不思議じゃありません。
トイレのふち裏
清掃後 酸性洗剤のおかげですっきりキレイになりました。作業時間は5分くらい。汚れ具合から待ち時間は要らないと判断したので、あっという間のできごとでした。

コツ・ポイント

ここまで説明してきた手順は陶器製のトイレを対象としたものです。有機ガラス系のトイレ(パナソニックのアラウーノなど)は酸性洗剤自体が使えないので、そういった場合はメーカーの指示に従ってお手入れをしてください。