シャワートイレの分解清掃

シャワートイレの分解清掃を紹介します。内部の見えない汚れを解決してくれる方法です。おそらく日常的にやれる掃除ではありませんが、トイレの清潔感アップに大きく貢献してくれるので、やり方だけでも覚えてみてください。
シャワートイレを分解すると、かなり深いところまで汚れが入り込んでいるのがわかる。ノズルまわりのニオイが気になるときは分解清掃を検討してみよう。

準備する掃除道具

ドライバー
プラスとマイナスのドライバーを1本ずつ。プラスドライバーはネジを外すときに、マイナスドライバーは給水栓を閉めるときに使います。
弱アルカリ洗剤
シャワートイレの内部は拭けば落ちるような汚れしかありません。ただ除菌と消臭くらいはやっておきたいため、エコソフィという洗剤をちょっとだけ使います。
タオル
拭き掃除が作業の大半を占める内部の清掃。あらかじめ濡らしたタオルを何枚か用意しておくと、途中で洗いに行く手間が省けます。
ゴム手袋
ノズルまわりはトイレの中でも汚れやすい場所です。やばい雑菌がたくさんいることも考えられるので、必ずゴム手袋を着用しましょう。

分解清掃の方法

シャワートイレの分解清掃は掃除ができる環境を整えるのが大変なだけで、それ以外は大したことありません。実際、作業時間のほとんどは分解と組み立てに充てられるものですし、ハウスクリーニング業者も分解さえできればカンタンだと言っています。詳しい手順は次のとおり。
  1. コンセントを抜いて給水栓を閉める
  2. 本体のネジと爪を外しカバーを浮かす
  3. 本体とカバーを繋ぐコネクターを抜く
  4. 内部のパーツをひとつずつ拭いていく
  5. 分解したときと逆の順番で組み立てる
基本はこんな感じです。汚れの除去については、洗剤を染み込ませたタオルで拭く以外にありません。カバーを外したシャワートイレは配線やモーターが剥き出しの状態です。間違っても直接スプレーを吹きかけたりはしないでください。

ビフォーアフター

分解清掃
清掃前 比較的キレイな写真を選んだのにこの状態。汚れというのは小さなすき間さえあれば、どこにでも入り込んでくるのが伝わるのではないでしょうか。
シャワートイレ
清掃後 ひとつずつ丁寧に拭き掃除をしたところ、シャワートイレに清潔感が戻ってきました。作業時間は10分くらい。あとは分解したときと逆の順番で組み立てれば終了です。

コツ・ポイント

シャワートイレを分解するときは、どこに爪があるのかをイメージできるとカバーを外しやすいです。多くのタイプは下から覗くと大体の位置を把握できると思うので、分解でつまづいてしまったときは爪の位置を確認してみてください。