便座のクッションゴムに出た黄ばみの落とし方

便座のクッションゴムに出た黄ばみの落とし方を紹介します。家の中にあるものを使ってスッキリさせる方法です。あくまで家庭向けなので限界はありますが、最初に試す方法としてはピッタリだと思います。

クッションゴムの黄ばみはシミや変色に近い。拭いてもこすっても落ちないのはそのためである。

洗剤・清掃用品

黄ばみの除去を滞りなく進めるには、以下で紹介している4つのアイテムが必要です。詳しく見ていきましょう。

塩素系漂白剤
カビ取り剤やブリーチ剤と呼ばれるもの。15ミリリットルあれば十分です。ゴムパッキンの掃除やふきんの漂白に使っているものがあるなら、そちらを用意しましょう。
片栗粉
湿布吸着剤の代わりとして利用します。湿布吸着剤とは内部に入り込んだ汚れを吸い取ってくれる魔法の粉末。主にハウスクリーニングや石材メンテナンスで利用されているアイテムです。
ラップ
住まいの掃除に欠かせないラップ。もしかしたら効果を実感できていない人がいるかもしれませんが、これがあるだけで汚れの落としやすさが3割くらいアップするから侮れません。
新聞紙
薬剤の拭き取り用に。新聞紙は使い終わったら捨てればいいだけの便利アイテムです。わたしみたいに何回もタオルを洗いに行くのがめんどくさい人は、もしかしたら気に入るかもしれません。

すでに持っていたら実質0円。もし足りないものがあったら、買いに行く前に代替品を探してみてください。塩素系漂白剤の代わりは見つからなくても、それ以外は何かしらあるはずです。

黄ばみの落とし方

続いては、黄ばみの具体的な落とし方を見ていきます。いつものトイレ掃除とは異なる部分も多いです。しっかり確認しておきましょう。

黄ばみ

1. 薬剤を作る

先ほど準備した洗剤と道具を使って、黄ばみ取りクリーナーを作ります。作り方は塩素系漂白剤と片栗粉を混ぜてペースト状にするだけ。手ですくったときに垂れないくらいの硬さがベストです。

2. 薬剤を塗って待つ

黄ばみ取りクリーナーを全体に塗り、上からラップをして放置します。待ち時間は最短で2時間くらい。作業中はトイレが使えなくなるため、あまり粘りすぎないようにしましょう。

クッションゴム

3. できあがり

2時間後。新聞紙で薬剤を拭き取ったら、真っ白なクッションゴムが顔を出しました。大成功です。これなら便座から取り外せないクッションゴムも、問題なくお手入れできそうですね

コツ・ポイント

黄ばみ取りクリーナーの効き目は、長く見積もってせいぜい1日です。当然、作り置きはできません。一度にたくさん作ってしまうと捨てることになるので、最初は少なめからはじめてください。