トイレ | タンクの手洗いをピカピカにする方法

トイレタンクの手洗いをピカピカにする方法を紹介します。しつこい水垢をスッキリさせる方法です。あくまで陶器用ですから樹脂製のトイレは対象外ですが、これを知っておくと掃除がすごく楽になります。

洗剤・清掃用品

タンクの手洗いを掃除するときに必要なのは、陶器を輝かせるアイテムです。今回は以下のようなものを選びました。

酸性洗剤
トイレ掃除における酸性洗剤の役割は、メインとなる道具のサポートです。水垢が溶けるような洗剤はいりません。スペースショットのサビ落としトイレクリーナーみたいにゆっくり効くものを選びましょう。
スポンジペーパー
陶器製のトイレで大活躍するスポンジペーパー。ザクザクと水垢を落とす使い心地は、快適以外の言葉が見つかりません。コニシの『こすってクリーン』は、しつこい水垢にも対応しています。
メッキ用のスポンジ
こちらはメッキ加工された吐水口をキレイにするためのスポンジ。サンディングスポンジは硬すぎて使えません。NCAのファブリックシートみたいに傷が入らないものを選びましょう。
ブラシ
スポンジが入らない場所の汚れは、ブラシでキレイにします。吐水口の根元を見てください。ガチガチの水垢がびっしりではありませんか?ピカピカの仕上がりを目指すなら、この汚れを残すわけにはいきません。
ゴム手袋
トイレ掃除をするときは用意しておきたいゴム手袋。細菌やカビが繁殖しているのは便器の内側だけじゃありません。あとで手を洗うとしても作業中はゴム手袋で保護をしておきましょう。

タンクの手洗い掃除で必要なのはこれで全部です。詳しい使い方については次で説明します。あれやったりこれやったりと、かなりあわただしい手順です。水垢を残さないようによく確認しておきましょう。

水垢の落とし方

タンクの手洗いをキレイにする手順は全部で4工程。流れとしては、酸性洗剤で水垢を柔らかくしてからスポンジやブラシでこするというものです。それでは始めていきましょう。

水垢

1. 酸性洗剤を塗布する

まずタンクの手洗い全体に酸性洗剤を塗布します。塗っていく順番は、①吐水口の根元、②受け皿、③メッキの順。洗剤が侵透しづらいところから塗布することで浸透時間の差を埋めていきます。

2. スポンジで磨く

酸性洗剤の侵透を待っている間、スポンジペーパーで受け皿をキレイにしていきます。丁寧に磨けばピカピカに光る場所です。水垢が残らないようにしっかり落としてあげましょう。

3. ブラシでこする

受け皿がキレイになったら、すかさず吐水口をキレイにしていきます。根元の黒ずみはブラシでゴシゴシ。メッキの部分に関してはファブリックシートで磨くとピカピカに光ります。

手洗い

4. すすぎをして完成

すすぎをしたあとに乾いたタオルで拭きあげたら完成。ご覧のようにピカピカの手洗いに生まれ変わりました。作業時間は20分くらい。古いトイレもキレイにできるのがこの手順の魅力です

コツ・ポイント

タンクの手洗いを掃除するときは、トイレ本体から手洗い鉢を取り外してあげると快適な作業ができます。これには汚水がタンク内へ流れ込むのを防ぐ役割もあるので、実際にやるときは分解してから掃除を始めましょう。