トイレ掃除 | ふち裏に潜む汚れの落とし方

トイレのふち裏に潜む汚れの落とし方を紹介します。たった1本の洗剤でキレイにする方法です。ふち裏は汚れが見えづらくて大変ですが、ポイントさえ押さえておけばすぐキレイになります。

トイレのふち裏はニオイの原因になりやすい。便器の内側から嫌なニオイがするときは、原因となる汚れが隠れていないか確認をしてみよう。

洗剤・清掃用品

トイレのふち裏に潜む汚れを落とすには、洗剤とそれを補助する道具が必要です。今回は以下のアイテムを用意しました。

酸性洗剤
最近よく見かける塩素系漂白剤ベースのトイレ用洗剤は、尿石と水垢を落とすのが得意じゃありません。そこで今回は酸性洗剤の中から文化雑巾のビビアンを選びました。
刷毛
酸性洗剤を塗るときに便利な刷毛。ふち裏が深いトイレでは必須とも言えるアイテムです。毛足が長いものを選んでおくと、奥までしっかり洗剤を塗ることができるでしょう。
スポンジ
水垢や尿石みたいに硬い汚れを落とすときはブラシよりスポンジがおすすめです。何を選べばいいのかわからないときはNCAのファブリックシートを試してみてください。
ゴム手袋
衛生目的で1セット。自宅のトイレだとしてもゴム手袋は着用したほうがいいです。そしてできるなら使い捨ての薄いやつじゃなくて厚手のものを用意しましょう。

ふち裏をキレイにするアイテムはこれで全部です。酸性洗剤については陶器の釉薬を浸食しなければ何でも構いません。塩酸ベースの洗剤も使えます。汚れ具合に合わせて選びましょう。

汚れの落とし方

トイレのふち裏をキレイにする方法は、酸性洗剤を塗ったあとにスポンジでこするというものです。力は入れません。なぜなら水垢や尿石は酸に弱く、洗剤を塗った時点で溶けはじめるからです。詳しくは次のとおり。

  1. 洗剤を塗る
  2. 5分待つ
  3. こする
  4. 水を流す
  5. できあがり

これ以上ないくらいカンタンな手順ですね。待ち時間については汚れの程度によって変えてください。たとえば尿石が酷いなら長めに待つのもありですし、汚れが見当たらないならすぐにゴシゴシやるのもありでしょう。

実際にやってみました。

黄ばみ

清掃前

ふち裏にトイレ特有の黄ばみが確認できます。こうやって見るとすごく目立ちますね。上から見ると気づきにくいですが、屈んで横から覗くと思いがけない汚れが見つかるから油断できません。

ふち裏

清掃後

上記の手順どおりにやったらトイレがすっきりしました。まさに劇的ビフォーアフター。パワフルな洗剤を選んだおかげで9割の汚れはすぐ落ちましたし、残りもスポンジで軽く撫でるだけでキレイになりました。

コツ・ポイント

ここまで説明してきた手順は陶器製のトイレを対象としたものです。有機ガラス系のトイレ(パナソニックのアラウーノなど)は酸性洗剤が使えないので、そういったトイレはメーカーの指示に従ってお手入れしてください。