ウォシュレットを安心して使うための分解清掃

ウォシュレットを安心して使うための分解清掃を紹介します。内部の見えない汚れがスッキリする方法です。おそらく日常的にやれる掃除ではありませんが、トイレの清潔感アップに大きく貢献してくれます。

洗剤・清掃用品

ウォシュレットの分解清掃をサクサク進めるには、以下のアイテムがあると便利です。詳しく見ていきましょう。

ドライバー
プラスとマイナスのドライバーを1本ずつ。プラスドライバーは本体のネジを外すときに、マイナスドライバーは止水栓を閉めるときに使います。水栓ドライバーがあるなら最高です。
弱アルカリ洗剤
ウォシュレットの内部は水が流せません。そんな中で除菌と消臭をやっていくには、それなりの洗剤がほしいところ。今回はエコソフィという洗剤をちょっとだけ使います。
タオル
拭き掃除が作業の大半を占める内部の清掃。汚れたタオルを何回も洗いに行くのは面倒です。そんなときは、あらかじめ濡らしたタオルを何枚か用意しておくと、途中で洗いに行く手間が省けます。
ゴム手袋
ウォシュレットのノズルまわりは、トイレの中でも汚れやすい場所です。やばい雑菌がたくさんいることも考えられるので、掃除をする際は必ずゴム手袋を着用しましょう。

ウォシュレットの掃除で使いそうな道具はこれで全部です。洗剤については同じものじゃなくても構いません。万能洗剤とかエコ洗剤と呼ばれるものを持っているなら、そちらで代用してください。

分解清掃の方法

ウォシュレットの掃除で大変なのは、ずばり分解です。それ以外はいつものトイレ掃除と変わりません。実際、ハウスクリーニング業者も分解さえできればカンタンだと言っています。詳しい手順は次のとおり。

  1. コンセントを抜いて止水栓を閉める
  2. 本体のネジと爪を外しカバーを浮かす
  3. 本体とカバーを繋ぐコネクターを抜く
  4. 内部のパーツをひとつずつ拭いていく
  5. 分解したときと逆の順番で組み立てる

基本はこんな感じです。汚れの除去については、洗剤を染み込ませたタオルで拭くしかありません。カバーを外したウォシュレットは配線やモーターが剥き出しの状態です。絶対にスプレーを吹きつけたりしないでください。

実際にやってみました。

黄ばみ

清掃前

カバーを外すとノズルまわりが酷い状態になっていました。黄ばみ、カビ、やりたい放題です。汚れというのは小さなすき間さえあれば、どこにでも入り込んでくるのが伝わるのではないでしょうか。

ウォシュレット

清掃後

ひとつずつ丁寧に拭き掃除をしたところ、ウォシュレットに清潔感が戻ってきました。ノズルまわりの汚れが消えただけでも印象がまるで違いますね。これで明日からはウォシュレットを安心して使ってもらえるでしょう。

コツ・ポイント

ウォシュレットを分解するときは、どこに爪があるのかをイメージできるとカバーを外しやすいです。下から覗くと大体の位置を把握できます。分解でつまづいてしまったときは爪の位置を確認してみてください。