IHの焦げ付きが落とせる方法

IHの焦げ付きが落とせる方法を紹介します。クリームクレンザー+アルミホイルの上位互換みたいな方法です。世間ではお手入れがしやすいとウワサのIHですが、道具にこだわると限りなく新品に近い状態を維持し続けることができるので、やり方だけでも覚えてみてください。
IHはガラストップコンロよりカンタンに掃除ができる設備。五徳やバーナーがないため、しくこい焦げとは無縁のメンテナンスができる。

準備する掃除道具

研磨剤
IHの掃除で試してほしいのはGSR(ジーエスアール)。研磨剤の代わりにミネラルで汚れを落とすこのクリーナーは、トッププレートのツヤ出し効果もありIHとの相性も抜群です。
スポンジ
研磨剤の性能を引き出してくれるスポンジ。NCAのファブリックシートみたいに砥粒(とりゅう)を含んだスポンジを選ぶと作業もはかどるのではないでしょうか。
アルカリ洗剤
メーカーによっては使用を禁止しているアルカリ洗剤。もし使えるようなら事前に塗り込んでおくと焦げがやわらかくなって作業時間の短縮になります。
ゴム手袋
GSRは天然成分由来の手に優しいクリーナーですから、ゴム手袋がなくても特に問題はありません。ただし途中でアルカリ洗剤を使おうと考えているなら必ず用意しましょう。

焦げ付きの落とし方

焦げ付きの落とし方は、IHの表面を研磨剤で磨いていくというものです。傷の心配はありません。なぜならIHのトッププレートは普通のガラスよりも強度があり、掃除をするくらいじゃビクともしないからです。詳しい手順は次のとおり。
  1. GSRを焦げに塗る
  2. 湿らせたスポンジで磨く
  3. タオルで拭き取る
これでIHが生まれ変わります。アルカリ洗剤を塗るタイミングについては、掃除を始める10分前がベストです。あまり早く塗りすぎると乾いてしまいますし、遅すぎると成分がしっかり浸透しません。アルカリ洗剤を使う予定がない人には関係のない話ですが、一応、頭のすみにでも入れておいてください。

ビフォーアフター

焦げ付き
清掃前 IHの手前側2か所が焦げ付いて黒ずんでいます。見たところ酷い汚れではありませんが、このまま使い続けるとそう遠くないうちに大掛かりな掃除が必要になるでしょう。
IH
清掃後 焦げ付きが落ちてIHが生まれ変わりました。作業時間は10分くらい。早めに対処しておけば、わずかな時間でキレイにできるのが伝わったのではないでしょうか。

コツ・ポイント

IHの焦げ付きをGSRで磨く際は、スポンジに少しだけ水分を含ませてあげると快適に掃除ができます。GSRは粘土と同じくらいの硬さをした研磨剤です。スポンジがカラカラの状態では上手く磨けないかもしれないので、自分が作業をしやすいポイントを探してみてください。