食洗機のふちに出てくる白い汚れの落とし方

食洗機のふちに出てくる白い汚れの落とし方を紹介します。くたびれた食洗機をスッキリさせる方法です。キッチンの掃除はやることが多くて大変ですが、これで少しは楽になると思います。

食洗機のふちに出てくる白い汚れは、ライムスケールと呼ばれる水垢の仲間である。炭酸カルシウムを主成分としており、電気ポットやケトルに出てくるものと同じである。

洗剤・清掃用品

食洗機の白い汚れを落とすには、洗剤とそれをサポートする清掃用品が欠かせません。掃除のときは次のようなものを選んでください。

酸性洗剤
食洗機の白い汚れには酸性洗剤がよく効きます。クエン酸、乳酸、手軽なものでも効果は抜群です。スペースショットのハルトみたいにリン酸をベースにしたものを選ぶのもありかもしれません。
刷毛
酸性洗剤を塗るときに使います。スプレイヤーを使わないのはその習慣がないからです。刷毛よりもスプレイヤーがいいという人がいれば、好きにしてもらって構いません。
スポンジ
最近はナイロン不織布に砥粒を固着したスポンジシートが流行っています。たとえばNCAのファブリックシート。パワフルな使い心地とキズをつない優しさは、食洗機の掃除でも大いに役立ってくれます。
キッチンペーパー
湿布用。食洗機の白い汚れは根っこの部分がメチャクチャ手強いです。普通に掃除をして手応えを感じないときは、キッチンペーパーで湿布をして反応を促進させてください。

このアイテムがあれば何とかなります。酸性洗剤を選んだのは、食洗機の白い汚れがアルカリ性だからです。汚れは逆の性質を持った洗剤に触れると、中和されてボロボロと崩れていきます。

  • アルカリ性の汚れ⇔酸性洗剤
  • 酸性の汚れ⇔アルカリ性洗剤

水垢も油汚れもみんなこの法則でキレイにしていくので、自分で洗剤を決めれるようになりたい人は覚えてみてください。

白い汚れの落とし方

食洗機にふちに出てくる白い汚れの落とし方は、酸性洗剤を塗ったあとにスポンジでこするというものです。変わった工程はありません。以下の手順どおりにやれば、それだけでいい感じになります。詳しくは次のとおり。

  1. 酸性洗剤を塗布する
  2. ペーパーで湿布する
  3. スポンジでこする
  4. キレイな水ですすぐ

これで食洗機が生まれ変わります。湿布をしたあとの待ち時間については、30分が目安です。これはどんな洗剤を選ぶかによって大きく変わります。ときどき様子を見ながらベストな時間を探ってください。

白い汚れ

清掃前

ビルトイン食洗機のふちに白い汚れが出ています。なんだかティッシュのカスみたいですが、ミネラル分のかたまりだと知っていれば何てことありません。でも見た目がよろしくないのは同意です。

食洗機

清掃後

上記の手順どおりにやったら本来の姿が戻ってきました。白い汚れが消えるだけでも印象が違いますね。これでもう扉を開閉するたびにウンザリしなくて済みますし、明日からはウキウキで食洗機を使えそうです。

コツ・ポイント

食洗機のふちに使われているABS樹脂(プラスチック)は、薬品に耐性があって掃除に向いていますが、硬いものでガリガリやるとすぐ傷が入ります。掃除の際はなるべくケレンみたいなものを使わないようにしましょう。