コンロ | 五徳の焦げが10倍落ちやすくなる裏技

五徳の焦げが10倍落ちやすくなる裏技を紹介します。手順はそのままに汚れ落ちだけをアップさせる方法です。あいにくいつもみたいな手軽さはありませんが、ここぞというときには頼りになります。

洗剤・清掃用品

五徳の焦げを落としやすくするには、洗剤を替えるのが一番です。今回は以下のアイテムを用意しました。

水酸化ナトリウム
別名:苛性ソーダ。アルミや塗装面では扱いにくい水酸化ナトリウムも、五徳に使ってあげると焦げに力強く働きかけます。ただし劇物ですから取り扱いには注意してください。
スポンジ
傷が入りにくい五徳には、ステンレスが編み込まれたスポンジ(ステンレスクリーナー)がおすすめ。柔軟性があって角の焦げもしっかり落とせますし、何より目詰まりが起こりにくいです。
スクレーパー
五徳の焦げは場所によって厚みに差があり、洗剤が侵透する時間もまちまちです。同じ時間で均等に洗剤が行き渡らせるには、あらかじめスクレーパーで荒取りしておくといいでしょう。
ゴム手袋
手荒れとケガを防いでくれるゴム手袋。キッチンまわりの掃除では、これがないとまともに作業ができません。ペラペラのやつではなく、しっかりと厚みがあるものを用意しましょう。

これで準備は万端です。水酸化ナトリウムを入手できない場合は、水酸化ナトリウムが数パーセント入った洗剤を用意してください。こちらは割と手に入りやすいです。ネットで探してみましょう。

焦げの落とし方

焦げの落とし方は、バケツに作った洗剤に五徳を浸けておくというものです。いきなりゴシゴシはやりません。スポンジが活躍するのは最後だけで、それまでは待つ時間が続きます。詳しくは次のとおり。

  1. お湯を張ったバケツを用意する
  2. 水酸化ナトリウムを投入する
  3. 五徳をドボンと浸け30分くらい待つ
  4. スクレーパーで焦げの表面を削る
  5. スポンジでゴシゴシ擦る
  6. すすぎをしたら乾かして終わり

これで五徳がピカピカになります。作業中に注目してほしいのはバケツに張ったお湯の色。五徳を投入してすぐ茶色くなるようなら大丈夫ですが、5分待っても透明なままだったら洗剤のパワーが足りていません。

もし同じ現象が起こったときは、水酸化ナトリウムを足して焦げへの反応を促進させてください。実際にやってみました。

焦げ

清掃前

1日も欠かさず働いてきたせいか、五徳全体に焦げが広がっています。全体の印象としてはくたびれた感じ。このままだと見た目がよくないだけでなく、掃除のやる気まで失われてしまいそうです。

五徳

清掃後

焦げが消えて五徳が生まれ変わりました。透明感、清潔感、掃除をするとは別物のようです。これなら時間を割いてでもやる価値がありますし、掃除のモチベーションもアップするでしょう。

コツ・ポイント

五徳の焦げは時間が経つほど硬くなる汚れです。いくら水酸化ナトリウムでも1回で落としきれないことがあるので、そういったときは無理をせずに、日にちを改めて再チャレンジしてください。