シンク磨き | 明るいキッチンを手に入れる方法

明るいキッチンを手に入れるシンク磨きを紹介します。傷だらけのシンクが生まれ変わる方法です。このやり方が通用するのはステンレス製のシンクのみですが、キッチンの清潔感アップに大きく貢献してくれます。

洗剤・清掃用品

どんな道具を使うの?

シンク磨きを成功させるには、傷を消せる研磨剤が必要です。今回は以下のアイテムを用意しました。

クリームクレンザー
シンクの細かい傷を消してくれるクリームクレンザー。炭酸カルシウム系の研磨剤が入ったジフやホーミングより、シリカを配合したベトコのベストベットのほうがより深い傷を消せます。
スポンジ
クリームクレンザーの性能を引き出してくれるスポンジ。目の粗いやつは扱いにくいためおすすめしません。NCAのファブリックシート(黄)みたいに繊細な作業ができるものを選びましょう。
酸性洗剤
シンクの掃除で意外と手間なのが水垢の除去です。クリームクレンザーだけで落とそうとするとすごく疲れます。あらかじめ酸性洗剤でやわらかくして落としやすくしておきましょう。
ゴム手袋
手が汚れるのを防いでくれるゴム手袋。シンクを磨いていると黒い汁がたくさんでます。手についてしまうと洗い流すのが大変なので、必ずゴム手袋を用意しましょう。

これで準備完了です。有名なクリームクレンザーを選ばなかったのは、時間が掛かるからです。あれは我慢強い人でも心が折れます。慣れるまではパワフルなものでシンクを磨きましょう。

シンクの磨き方

どんな手順でやるの?

シンクの磨き方は、水垢を落としたあとにクリームクレンザーで傷を消すというものです。特別な技術は必要ありません。じっくり磨き込む根気さえあれば誰がやっても成功します。詳しくは次のとおり。

  1. 酸性洗剤を塗って10分待つ
  2. クリームクレンザーで磨く
  3. 水の弾き方が変わったらすすぐ

これ以上ないくらい簡単な手順ですね。水の弾き方が変わったらというのは、シンクの傷が消えたらという意味です。キレイになったシンクは水が玉になって流れていきます。そうなった頃には終わりも近づいているので、水の弾き方を目安にして掃除を進めてください。

実際にやってみました。

傷

清掃前

底面が傷だらけになっているせいでシンクがくすんで見えます。一言で表すならガサガサ。このままだとシンクだけでなく、キッチン全体がくたびれた印象になってしまいます。

シンク

清掃後

底面の傷が消えて全体に一体感が出ました。やわらかさ、なめらかさ、掃除をする前とは別物のようです。これならキッチンの雰囲気も少しは明るくなるのではないでしょうか。

コツ・ポイント

シンク磨きで大切なのは、5つのブロックに分けて掃除をすることです。底面と立ち上がりの4か所(手前、奥、右側、左側)、これらを1か所ずつ仕上げていくと先ほどの写真みたいな仕上がりになります。