巾木(はばき)にカビが生えたときの対処法

巾木(はばき)にカビが生えたときの対処法を紹介します。家庭に置いてあるものを使ってピカピカにする方法です。普段は業務用洗剤を使った方法をよく紹介していますが、今回は身の回りにあるものだけでやっていくので、いつもよりチャレンジしやすいのではないでしょうか。

巾木に積もるホコリを長いこと放置しておくと、そのホコリが湿気を吸ってカビが生える。いずれは壁紙にも広がっていくため、なるべく早いうちに掃除をしよう。

準備する掃除道具

掃除機
ヘッドを外した掃除機で巾木をなぞるとカンタンにホコリが取り除けます。ただ、わざわざ用意するのが面倒なら刷毛でササッとやるだけでも構いません。
ブラシ
スミやカドに溜まったカビをかき出してくれるブラシ。手が届きにくい場所にしっかり手を加えてあげると、最終的な仕上がりも自然と美しいものになります。
過炭酸ナトリウム
カビといったら塩素系漂白剤を思い浮かべる人も多いですが、壁紙に付くと黄ばんだりして面倒です。まずは問題が起きづらい過炭酸ナトリウムを試しましょう。
タオル
洗剤の拭き取り用に。あらかじめ何枚か用意しておくと、途中で洗いに行く手間が省けてサクサクと掃除を進められます。
ゴム手袋
過炭酸ナトリウムの水溶液を素手でさわっていると、手がかゆくなったりピリピリしたりします。アルカリ洗剤を扱うときはなるべくゴム手袋を用意しましょう。

カビの落とし方

巾木のカビは上に乗っかっているだけですから、過炭酸ナトリウム水溶液を塗って軽くこすればすぐに落とせます。ただし洗剤を床に垂らすとフローリングのワックスが剥がれてしまうため、養生だけはしっかりしておいてください。詳しい手順は次のとおり。

  1. 掃除機で巾木のホコリを吸う
  2. フローリングにタオルを敷く
  3. 過炭酸ナトリウム水溶液を塗布
  4. ブラシで全体をやさしくこする
  5. キレイなタオルで汚水を回収

これで黒ずんでいた巾木がすっきりします。壁紙にまでカビが広がっている場合は『壁紙の黒ずみがサクッと落とせる手順』や『カビが生えた壁紙のクリーニング方法』で紹介している手順を参考にしてください。どれくらいキレイになるか見てみましょう。

ビフォーアフター

カビ

清掃前

巾木の上に積もったホコリがカビを発生させています。このままだと壁紙にまでカビが広がって、いずれは張り替えなんてことになってしまうかもしれません。

巾木

清掃後

軽く洗浄をしてあげたら巾木に白さが戻ってきました。作業時間は5分くらい。塩素系漂白剤に頼らないので子供部屋や寝室でも試しやすいのではないでしょうか。

コツ・ポイント

巾木のカビ除去に過炭酸ナトリウムを選んだのは、この粉末にちょっとした漂白効果があるからです。ただ、その恩恵を受けるには水溶液の温度を40~50度に保つ必要があるので、実際に作業をするときは作り置きしたものでなく、直前に混ぜたものを使うようにしてください。

 

No Comments

Add your comment

CAPTCHA