Toilet

シャワートイレユーザーのための分解清掃

シャワートイレユーザーのための分解清掃を紹介します。あと10年キレイなままトイレを使い続けるための方法です。おそらく全員に必要とされているものではありませんが、こういった掃除があることを知っておくともしものときに安心なので、やり方だけでも覚えてみてください。

シャワートイレを分解すると、ノズルまわりの隙間から汚れが入り込んでいるのがわかる。ニオイの原因になりやすいだけにしっかり掃除をしてあげよう。

準備する掃除道具

ドライバー
プラスとマイナスのドライバーを1本ずつ。プラスドライバーはネジを外すときに、マイナスドライバーは止水栓を閉める水栓ドライバーの代わりとして利用します。
弱アルカリ洗剤
シャワートイレ内部に発生する汚れは、カビ、ホコリ、尿石の3つ。ただ、がっちりこびりついているわけではないので、エコソフィみたいな万能洗剤があればカンタンに除去できます。
タオル
拭き掃除が作業の大半を占める内部の清掃。マイクロファイバーウエスみたいに汚れを落とす能力が高いものを選んでおくと快適な掃除ができるかもしれません。
ゴム手袋
トイレは床がいちばん汚れているという研究結果もありますが、ノズルまわりもなかなかヤバイです。雑菌がたくさんいることも考えられるので、必ずゴム手袋を着用しましょう。

分解清掃の方法

シャワートイレの分解清掃は掃除ができる環境を整えるのが大変なだけで、それ以外は大したことありません。実際、作業時間のほとんどは分解と組み立てに充てられるものですし、ハウスクリーニング業者も分解さえできればカンタンだと言っています。詳しい手順は次のとおり。

  1. コンセントを抜いて止水栓を閉める
  2. 本体のネジと爪を外しカバーを浮かす
  3. 本体とカバーを繋ぐコネクターを抜く
  4. 内部のパーツをひとつずつ拭いていく
  5. 分解したときと逆の順番で組み立てる

基本はこんな感じです。ひとつだけ注意してほしいのは、カバーを取り外すとき。シャワートイレのカバーは本体とコードで繋がっています。取り外す際はコネクターを抜いてからでないとコードが切れてしまうので、くれぐれもいきなり引っ張ったりしないようにしてください。

ビフォーアフター

分解清掃

清掃前

比較的キレイなトイレだったのにこの状態。汚れというのはわずかな隙間さえあれば、どこにでも入り込んでくるのが伝わるのではないでしょうか。

シャワートイレ

清掃後

ひとつずつ丁寧に拭き掃除をしたところ、シャワートイレに清潔感が戻ってきました。作業時間は10分くらい。あとは分解したときと逆の順番で組み立てれば終了です。

コツ・ポイント

シャワートイレと便器を固定する取付ボルトは、プラスチックで作られているせいかすぐポキッと折れてしまいます。ノズルまわりを掃除するだけなら関係ありませんが、ついでにシャワートイレの裏側をキレイにしておこうなんて場合もあると思うので、そういったときはなるべく慎重に扱ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA