Uncategorized

柱の落書きを消す方法

柱の落書きを消すを紹介します。色鉛筆、水性ペンなどを対象とした方法です。手軽さを最優先に考えた手順だけにニスやワックスが塗られた柱には使えませんが、それ以外では結構キレイな仕上がりが手に入るので、気軽にチャレンジしてみてください。

手垢や黒ずみにも効果が期待できる方法です。小さなお子さんがいる家庭でも試してもらえるように、危険な洗剤などは使っていません。

準備する掃除道具

弱アルカリ洗剤
油分が多すぎる洗剤はシミになるため使えません。おすすめは洗浄力、除菌力、消臭力を兼ね備えた純植物性多目的洗浄液のエコソフィ。とても扱いやすい洗剤です。
メラミンスポンジ
水だけで住まいをピカピカにしてくれるメラミンスポンジ。水まわりの掃除で使っている人は多いと思いますが、柱や収納の仕切り板みたいなところもキレイにできます。
タオル
洗剤の拭き取り用に。柱は見た目以上に汚れていてドロドロの汚れが出てきます。あらかじめタオルを2枚くらい用意しておくと洗いに行く手間が省けるのではないでしょうか。
ゴム手袋
手荒れを防いでくれるゴム手袋。エコソフィは手にも優しい洗剤ですが、気になるようならゴム手袋を用意してください。

落書きの落とし方

落書きの落とし方は洗剤をスプレーしたあとに、メラミンスポンジでこするというものです。力を入れてゴシゴシやる必要はありません。むしろ今回のようなケースでは軽く撫でるくらいのほうが自然な仕上がりになりやすいです。詳しくは次のとおり。

  1. 洗剤をスプレーする
  2. スポンジでこする
  3. タオルでしっかり拭く
  4. 自然乾燥させる

いつもどおりシンプルな手順です。なぜこんなにスッキリしているかというと、洗剤と道具選びを慎重に行っているからです。汚れに合った洗剤を選んであげると掃除が楽になるのは、ハウスクリーニングでも昔から言われてきたことです。柱をビフォーアフターで見てみましょう。

ビフォーアフター

落書き

清掃前

緑のカラーペンでグリグリと書かれた落書き。自分の子供が書いたものならまだしも、新しく買った家にこれがあったらあまりいい気はしないのではないでしょうか。

柱

清掃後

メラミンスポンジで軽く撫でたら、落書きだけでなく長年の汚れも消えました。作業時間は5分。これでようやく新しい生活が始められるというものです。

コツ・ポイント

柱をキレイに仕上げるコツは、落書きがあった部分とそうでない部分の境目をなじませることです。中心部を5回こすったとしたら、そこから離れるにつれ4回、3回と回数を減らしていくと、全体とのバランスが取れて自然な仕上がりになります。お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA