Bathroom

ゴムパッキンの掃除で役立つカビの落とし方

ゴムパッキンの掃除で役立つカビの落とし方を紹介します。真っ黒なカビがウソみたいにスッキリする方法です。一般的な手順よりやることは多めですが、しつこいカビに対しては圧倒的な効果を発揮するので、機会があれば試してみてください。

浄化槽が設置してある家庭でも試してもらえるように、なるべく洗剤を流さない方向でやっていきます。

準備する掃除道具

カビ取り剤
塩素系漂白剤と呼ばれるもの。わざわざ新しいやつを買いに行く必要はありません。お風呂やキッチンに使いかけのものがあるならそちらを用意しましょう。
湿布吸着剤
今回の手順で鍵となるアイテム。有名なのはMIYAKIのトルネード紺商のネンドルなど。カビ取り剤の能力を引き出すものと思ってもらえれば間違いありません。
マスキングテープ
養生(ようじょう)に使用します。養生とは余計なところを汚さないようにするカバーみたいなもの。お風呂ではたくさん使うことになるので、2~3個用意しておくと安心です。
新聞紙
カビ取り剤の拭き取り用に。浄化槽へ大量の塩素系漂白剤が流れ込むとバクテリアが死滅します。それを防ぐための配慮です。※シャワーでのすすぎが不要になるわけじゃありません。
ラップ
住まいの掃除でよく使われているラップ。目的はもちろん乾燥の予防です。仕上がりに大きな影響を与えるアイテムなだけに忘れず用意したいところです。
タオル
手を拭いたりゴムパッキンを拭いたりするときに役立ちます。作業中は濡らしたタオルを側に置いておきましょう。
ゴム手袋
手荒れを防いでくれるゴム手袋。今は100均でも買えますから、掃除用にひとつ持っておくといいでしょう。

カビの落とし方

1. 薬剤を作る

はじめに塩素系漂白剤と湿布吸着剤を混ぜて特製のカビ取り剤を作ります。配分は1:1くらい。写真の量だと3メートルくらいのゴムパッキンがキレイにできます。

2. しっかりかき混ぜる

先ほど投入したものをかき混ぜたところ。耳たぶよりちょっと柔らかいくらいの硬さになったらカビ取り剤の準備は完了。次はゴムパッキン側の準備へ移ります。

カビ

3. ゴムパッキンを水洗いする

続いてカビ取り剤を塗布する準備をします。ゴムパッキンを水洗いをするのは、カビ取り剤の浸透を邪魔するゴミやホコリを取り除くため。洗剤を使う必要はありません。

4. マスキングテープを貼る

タオルで水分を拭き取ったらゴムパッキンの両サイドにマスキングテープを貼ります。いわゆる養生というやつですね。これをやっておくと必要なところにだけにカビ取り剤を塗布できます。

5. 薬剤を塗布する

すき間なくマスキングテープを貼れたら薬剤を塗っていきます。このとき大切なのは空気が入り込まないようにすること。軽く押さえつけながら空気を抜いていきましょう。

6. マスキングテープを剥がす

マスキングテープを剥がすとゴムパッキンのところにだけカビ取り剤が残りました。直塗りするより遥かにキレイですね。これなら周りの設備へ影響を出さずに済みそうです。

7. ラップをする

きっちり塗られたカビ取り剤を潰さないように、ふわっとラップをします。ここまでやったらあとは待つだけ。しつこいカビの場合は、半日から丸一日くらい時間を置くといいでしょう。

8. 新聞紙で薬剤を拭き取る

時間がきたら軽く湿らせた新聞紙で薬剤を拭き取ってシャワーですすぎます。使用済みの新聞紙に関しては、ひとつの袋にまとめてゴミとして処分してください。

ゴムパッキン

9. できあがり

黒いカビが消えてゴムパッキンに白さが戻ってきました。作業時間は3時間くらい。実際に作業をするのは10~20分くらいですからそれほど負担にはならないはずです。

コツ・ポイント

湿布吸着剤を使ったカビ取りは、真っ黒になったゴムパッキンをキレイにできますが、なかには「道具を揃えるのが大変だなぁ」と思った人がいるかもしれません。お風呂掃除で役立つカビの落とし方では、そんな人へ向けて簡易版の手順を紹介しているので、こちらも併せて参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA