Bathroom

お風呂の鏡からウロコ汚れを除去する方法

お風呂の鏡からウロコ汚れを除去する方法を紹介します。真っ白になった鏡を本来の姿へ戻してあげる方法です。道具の関係上、手軽にやれる感じではありませんが、ダイヤモンドパッドでは落ちないウロコ汚れにも効果があるので、やり方だけでも覚えてみてください。

鏡の水垢は、浴槽や壁に出てくるものより落としづらい。理由は水垢と鏡に含まれるケイ素同士が結びついて一体化するためである。

準備する掃除道具

酸性洗剤
鏡のウロコ汚れには酸性洗剤が効果的です。強力な洗剤を用意する必要はありません。コスケムの酸性ヌリッパーみたいに前処理剤として使えれば十分です。
スクレーパー
先端にカミソリみたいな刃を取り付けた道具。日常清掃で活躍する場面は少ないですが、濡らした鏡やガラスの表面を滑らせると、硬い汚れがカンタンに落とせます。
ハンドポリッシャー
電気ドリルよりもトルクがあるハンドポリッシャー。手作業で鏡のウロコ汚れを落とすのは大変です。できるなら電動工具を用意して作業時間の短縮をしましょう。
研磨剤
ウロコ汚れを物理的に落とす研磨剤は、ハンドポリッシャーと相性のいいアイテムです。わたしが用意したのはミヤキの『しゃらく』という鏡用の研磨剤。今回は粗めを選びました。

ウロコ汚れの落とし方

ウロコ汚れ

1. 鏡の仕様を確認する

お風呂の鏡には特殊な加工がされたものや研磨剤と相性が悪いものがあります。鏡に貼られているシールや取扱説明書を見て、詳しい仕様を確認しておきましょう。

2. 酸性洗剤で前処理をする

仕様に問題がないのを確認したら、酸性洗剤を鏡に塗って20分くらい待ちます。これをやっておくだけでウロコ汚れが落としやすくなり、あとの作業がスムーズに進められます。

3. ハンドポリッシャーで磨く

前処理した鏡に研磨剤を塗ってハンドポリッシャーで磨いていきます。機械が入らない金具まわりのウロコ汚れについてはスクレーパーで削ってあげてください。

鏡

4. できあがり

真っ白だった鏡に透明感が戻ってきました。キレイに仕上げるコツは1回で終わらせようとしないこと。焦りは禁物です。時間が掛かっても少しずつやっていきましょう。

コツ・ポイント

住まいに発生する汚れの中でも屈指の硬さを誇る鏡のウロコ汚れ。今回はハンドポリッシャーでキレイにしていきましたが、洗剤だけでも落とせないわけじゃありません。ただ、それには汚れを見極める目とか設備の知識が必要になるので、また改めて説明したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA