Bathroom

カランの水垢が落ちないときの対処法

カランの水垢が落ちないときの対処法を紹介します。ヘビー級の水垢をスッキリさせる方法です。これまで軽度の汚れ普通の汚れと2通りの落とし方を紹介してきましたが、今回はもっと頑固な水垢もキレイにできるので、お手入れに行き詰ったときは試してみてください。

水垢は住んでいる地域によって発生しやすさや落としやすさが変わってくる。しかし早いうちに掃除をしたほうがいいのはどこも同じである。

準備する掃除道具

酸性洗剤
カランの水垢には酸性洗剤が有効です。なかでも文化雑巾のマクビーは水垢でザラザラになったカランと相性がよく、ハウスクリーニング業者からも高い評価を受けています。
ラップ
酸性洗剤を乾燥から防ぐアイテム。これがあるかどうかで水垢の落としやすさが変わってきます。体感では3割くらいの違いはあると思っているので必ず用意しましょう。
スポンジ
仕上がりに大きな影響を与えるスポンジは、洗剤と同じくらい重要なアイテムです。カランの根元に分厚い水垢が出ているときは、3Mのパープルパワーパッドを試してみてください。
タオル
水垢を落としたあとの仕上げに使います。1枚でも支障ありませんが、できれば水拭き用と乾拭き用の2枚用意してください。

水垢の落とし方

水垢

1. カランの状態を確認する

掃除を始める前のチェックは必須です。カランが乾いた状態で全体をぐるりと見回して、見た目や使い心地に異常がないか確認しておきましょう。

2. 酸性洗剤を塗ってラップをする

問題がないのを確認したら、洗剤を隙間なく塗ってらラップをします。待ち時間は30分。これにより水垢が格段に落としやすくなるため、めんどくさがらずにやりましょう。

3. スポンジでこする

30分待ったらスポンジでこすります。3Mのパープルパワーパッドにはプラスチック研磨粒子が含まれており、どんなにしつこい水垢でも作業性が損なわれません。

4. タオルで水分を拭き取る

水垢が落ちたらすすぎをして仕上げ。最後に乾いたタオルでしっかり水分を拭き取ってあげると、プロが掃除したようなピカピカのカランに生まれ変わります。

カラン

5. できあがり

ヘビー級の水垢に覆われていたカランが新品みたいに生まれ変わりました。輝き、清潔感、掃除をする前とは別物のようです。これでもうカランについて悩むことはなくなるでしょう。

コツ・ポイント

酸性洗剤のマクビーは汚れを落とす能力が高いせいか、カランにプリントされた『C』や『H』のマークにときどきイタズラをします。回避策としてはマークを避けて洗剤を塗るだけでいいので、使い方に慣れるまではそこを意識しながらやってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA