Kitchen

五徳の焦げが10倍落ちやすくなる手順

五徳の焦げが10倍落ちやすくなる手順を紹介します。重曹やセスキ炭酸ソーダが効かなかった五徳にも効果がある方法です。手順そのものはメーカーが推奨しているものと変わりませんが、キレイになっていく瞬間を実感させてくれる数少ない方法なので、覚えておくと役に立つかもしれません。

焦げは吹きこぼれや撥ねた油の水分が失われて炭化したもの。洗剤を弾くため浸透性の高いもので掃除をしないと、いつまで経ってもキレイにならない。

準備する掃除道具

水酸化ナトリウム
別名:苛性ソーダ。アルミや塗装面では扱いにくい水酸化ナトリウムも、五徳に使ってあげると焦げに力強く働きかけます。ただし劇物ですから取り扱いには注意が必要です。
スポンジ
傷が入りにくい五徳には、ステンレスが編み込まれたスポンジ(ステンレスクリーナー)がおすすめ。柔軟性があって角の焦げもしっかり落とせますし、何より目詰まりが起こりにくい。
スクレーパー
五徳の焦げは場所によって厚みに差があり、洗剤が侵透する時間もまちまちです。同じ時間で均等に洗剤が行き渡らせるには、あらかじめスクレーパーで荒取りしておくといいでしょう。
ゴム手袋
手荒れとケガの予防に欠かせないゴム手袋。キッチンまわりの掃除をするときは、すぐ破れるペラペラやつじゃなくて厚みがあるものを用意しておくと安心です。

焦げの落とし方

五徳の焦げが10倍落しやすくなる落とし方は、バケツに作った洗剤に五徳を浸けておくというものです。いきなりゴシゴシやったりはしません。スポンジが活躍するのは焦げをやわらかくしてからで、それまではじっと待つ時間が続きます。詳しくは次のとおり。

  1. お湯を張ったバケツを用意する
  2. 水酸化ナトリウムを投入する
  3. 五徳をドボンと浸け30分くらい待つ
  4. スクレーパーで焦げの表面を削る
  5. スポンジでゴシゴシ擦る
  6. すすぎをしたら乾かして終わり

これで五徳がピカピカになります。作業中に注目してほしいのはバケツに張ったお湯の色。五徳を投入してからすぐに茶色くなるようなら大丈夫ですが、5分待っても透明なままだったら洗剤のパワーが足りていません。そのときは水酸化ナトリウムを足して焦げへの反応を促進させましょう。

ビフォーアフター

焦げ

清掃前

長い期間使われてきたせいか、五徳全体に焦げが広がっています。全体の印象としてはくたびれた感じ。このままだと掃除のやる気は失われていくばかりです。

五徳

清掃後

焦げが消えて五徳が生まれ変わりました。透明感、清潔感、掃除をするとは別物のようです。これなら時間を割いてでもやる価値がありますし、掃除のモチベーションもアップするでしょう。

コツ・ポイント

五徳の焦げは時間が経つほど硬くなる汚れです。表面はカンタンに落とせても内側の焦げがなかなか落ちないなんてことがよくあるので、実際に作業をするときは少しずつキレイにしていこうくらいの気持ちでやってみてください。そうすればストレスを感じずに掃除ができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA