Bathroom

水栓金具の掃除を5分で終わらせる方法

水栓金具の掃除を5分で終わらせる方法を紹介します。洗剤を使わずにキレイにしていく方法です。真っ白になった水栓金具には『カランの水垢が落ちないときの対処法』や『蛇口のカルキ汚れを落とす方法』が向いていますが、手軽さはこちらのほうが優れているので使いどころは多いと思います。

水栓金具を白くする汚れには、水道水のミネラル分が蒸発せずに残った水垢と、皮脂に金属イオン(もしくは脂肪酸)が反応してできた石鹸カスがある。

準備する掃除道具

スポンジ
今回のカギとなるアイテム。メラミンスポンジじゃありません。用意してほしいのは蛇口用として売られているNCAのファブリックシート(青)/1枚200円です。
ブラシ
手が入らないところをキレイにしてくれるブラシ。パーツの繋ぎ目に入り込んだ汚れを軽くブラッシングしてあげると、仕上がりがちょっとだけリッチになります。
タオル
あまり知られていませんが、水栓金具みたいにメッキ加工されたものは、最後に乾拭きしてあげるとピカピカに光ります。新品みたいな仕上がりを目指すなら必ず用意しましょう。

汚れの落とし方

水栓金具を5分でキレイにするには、手順をできるだけシンプルにしなければなりません。理想は3工程。具体的には、①汚れを落とす、②すすぎ、③仕上がりのチェック、これで何とかできれば予定時間をオーバーすることなく終われそうです。詳しい手順を見ていきましょう。

  1. 水を流しながらスポンジでこする
  2. タオルで水分を拭き取る
  3. 取りこぼしのチェックをして完成

これで水栓金具がピカピカになります。もし思うように汚れが落ちてくれないときは、酸性洗剤を併用するといいでしょう。絶対に洗剤を使ってはいけないなんてルールはありません。やさしい効き目の酸性洗剤なら問題も起こりませんし、そのあたりは臨機応変に対応してください。

ビフォーアフター

水垢

清掃前

水栓金具全体が白っぽくなっており、せっかくの輝きが失われています。これでは他の場所をどんなにキレイにしてもお風呂に清潔感が戻ることはないでしょう。

水栓金具

清掃後

スポンジで磨いたら水栓金具に輝きが戻ってきました。作業時間はきっちり5分。水がコロコロと玉になって流れていくようになったら「キレイになったよ!」のサインです。

コツ・ポイント

水栓金具の掃除で美しい仕上がりを手に入れるには、シャワーで水を流しながらゴシゴシやるのが一番です。そうするとスポンジが目詰まりを起こしにくいだけでなく、表面のメッキを傷つける危険も減って、自然と新品だった頃の姿を取り戻していくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA