Bathroom

カビが生えた手すりの掃除方法

カビが生えた手すりの掃除方法を紹介します。お風呂の黒くてポツポツしたカビに効果的な方法です。手軽さ重視の手順ですから何でも落とせるわけじゃありませんが、はじめに試す方法としては最適だと思うので、気軽にチャレンジしてみてください。

手すりはゴムパッキンと違って洗剤の影響を受けやすい。長時間塗りっぱなしにしておくと材質が劣化してしまうため、掃除をするときは短時間の作業を数回にわけてやろう。

準備する掃除道具

塩素系漂白剤
次亜塩素酸ナトリウムを配合したもの。わたしがよく使うのはエコモンドのカビ取り剤。1回目に反応がなくても2回目で上手くいくケースが多々あり、他とは違う何かを感じています。
スポンジ
すすぎのときに使用します。シャワーで水を流すだけだと塩素系漂白剤の成分が上手く流せません。スポンジで表面をこすりながらしっかりすすいであげましょう。
タオル
塩素系漂白剤の拭き取り用に。下に垂れたものをそのままにしておいたら浴槽が変色してしまったという話も聞きます。トラブルを防ぐ意味でも必ず用意しましょう。
ゴム手袋
手荒れを防いでくれるゴム手袋。今は100均でも買えますから、掃除用にひとつ持っておくといいでしょう。

カビの落とし方

カビの落とし方は掃除の基本に忠実です。まず塩素系漂白剤を手すりに塗って、あとはひたすら待つ。本当にこれ以外やることはありません。ただカンタンだからこそ細かいところには気を配りたいところです。詳しい手順は次のとおり。

  1. 塩素系漂白剤をすき間なく塗る
  2. 垂れたものをタオルで拭き取る
  3. 30分くらいそのまま放置する
  4. シャワーですすぎをして乾かす

これを繰り返せば初期対応は完璧です。ひとつだけ意識してほしいのは塩素系漂白剤の塗り方。普通はカビが出ているところだけにしか塗りませんが、今回は手すり全体となっています。はたしてこれで何が変わるのか?ビフォーアフターで見てみましょう。

ビフォーアフター

カビ

清掃前

ポツポツとした黒カビが手すり全体を覆っています。一言で表すと「きたない」。このままだと、どんなに浴槽や鏡の掃除を頑張っても清潔なお風呂にはなりそうにありません。

手すり

清掃後

カビが消えて手すりが生まれ変わりました。雰囲気、清潔感、まるで別物みたいです。これなら素手でさわっても平気ですし、お風呂の時間も楽しくなるでしょう。

コツ・ポイント

塩素系漂白剤をカビが出ているところ以外にも塗ったのは、手すり全体の明るさを揃えるためです。明るさが揃っていなければカビが落とせたとしてもキレイに見えません。どれくらい違うかは先ほどの写真で見てもらったとおりなので、掃除をするときは必ず手すり全体に塗ってあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA