Bathroom

お風呂がピカピカになる石鹸カスの落とし方

お風呂がピカピカになる石鹸カスの落とし方を紹介します。たった1本の洗剤で清潔感を取り戻す方法です。パワフルな洗剤を使うため事前のテストは欠かせませんが、あれこれと道具を使い分ける必要がないので、家庭でもチャレンジしやすいと思います。

お風呂に出てくる石鹸カスは2つに分けられる。ひとつは脂肪酸が皮脂と結びついたもの。もうひとつはミネラルと結びついたもので、後者のほうが落としづらい。

準備する掃除道具

酸性洗剤
おすすめは文化雑巾のマクビーという酸性洗剤。効果が長く続くようにと粘性を持たせてあり、脂肪酸とミネラルが結びついた分厚い石鹸カスもカンタンに落とせます。
スポンジ
洗剤によって浮き上がった石鹸カスをズルッと剥がしてくれるスポンジ。どれを選べばいいのか判断できないときはMFスクラブスポンジを試してみてください。
ブラシ
床の石鹸カスにはスポンジよりもブラシがおすすめです。お風呂の床から石鹸カスを除去する方法では、とても使い勝手のいいブラシの写真が見られます。
ゴム手袋
手荒れを防いでくれるゴム手袋。今は100均でも買えますから、掃除用にひとつ持っておくといいでしょう。

石鹸カスの落とし方

石鹸カスの落とし方は、酸性洗剤を塗り込んだあとにスポンジでこするというものです。湿布みたいに面倒な工程は必要ありません。なぜならマクビーは汚れへ浸透する力が強く、何もしなくても勝手に深いところまで成分が行き渡るからです。詳しい手順は次のとおり。

  1. マクビーを塗る
  2. 15~30分待つ
  3. スポンジでこする
  4. シャワーですすぐ

たったこれだけで分厚い石鹸カスが落とせます。ひとつ注意してほしいのは、設備の色が黒とかブラウンとかグレーだった場合。メーカーによると濃い色の設備は色抜けすることがあるらしいです。実際に作業をするときは説明書にしっかり目を通してから始めるようにしてください。

ビフォーアフター

石鹸カス

清掃前

粉を吹いたような石鹸カスのせいでカウンターが真っ白になっています。このままではどんどん清潔感が失われていき、いずれ見るのも嫌になるくらい悲惨な状況になってしまいます。

お風呂

清掃後

石鹸カスが落ちてカウンターが本来の姿を取り戻しました。もちろん色抜けはありません。これで入浴時もゆっくりくつろげるはずですし、明日からのお手入れも楽になるでしょう。

コツ・ポイント

石鹸カスの落とし方はここまで説明してきたとおりですが、スポンジの使い方を覚えるとより快適な作業ができます。具体的には小さな円を描くように手を動かすこと、目詰まりしないようにマメにすすぐこと、どちらも掃除の基本ですから意識してやってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA