Bathroom

すぐにできるお風呂のカビ予防

すぐにできるお風呂のカビ予防を紹介します。換気扇を回したり水を撒くより現実的な方法です。あまり聞いたことのない内容かもしれませんが、これをやるだけでお風呂の清潔感が保てるので、がんばってチャレンジしてみてください。

お風呂がすぐカビだらけになってしまうのは、天井に潜んでいる『見えないカビ』が胞子を降らせているから。つまり、天井をキレイにすればカビの発生を抑えられます。

準備する掃除道具

塩素系漂白剤
次亜塩素酸ナトリウムを配合したもの。塩素系漂白剤と呼ばれるものなら、お風呂用でもキッチン用でも構いません。
バケツ
洗剤を入れておく容器として使います。バケツがなければ洗面器などで代用することも可能です。
タオル
洗剤の塗布用に。洗車ブラシでバシャバシャ塗っていくのもありですが、それだと目に入ったりして危ないので安全を考慮してみました。
ゴム手袋
手荒れを防いでくれるゴム手袋。アルカリ洗剤や塩素系漂白剤を素手でさわると手がヌルヌルします。なるべくゴム手袋を着用しましょう。

カビの予防方法

カビの予防方法は、塩素系漂白剤を染み込ませたタオルで天井を拭いていくというものです。ただの拭き掃除と侮ってはいけません。この手順にはカビを予防すると同時に天井をピカピカにする働きもあります。詳しくは次のとおり。

  1. 水を張ったバケツを用意する
  2. キャップ1杯の塩素系漂白剤を入れる
  3. その中にタオルを浸し硬く絞る
  4. 硬く絞ったタオルでお風呂の天井を拭く
  5. 30分待ったらシャワーですすぐ

これで予防は完了です。ひとつだけ注意してほしいのは換気。水で薄めているとはいえ塩素系漂白剤です。作業をするときは換気扇を回し、ドアも全開にするのを忘れないでください。天井のビフォーアフターを見てみましょう。

ビフォーアフター

カビ

清掃前

とくに目立ったカビはないようですが、見えないというだけで胞子は飛んでいます。このままだとゴムパッキンやエプロンの内部に酷いカビが出てくるかもしれません。

天井

清掃後

カビの予防を目的とした手順でありながら、ここまでキレイになりました。作業時間は待ち時間を合わせて45分くらい。清潔感も戻ってきて大満足の結果となりました。

コツ・ポイント

塩素系漂白剤を使ったカビの予防は、状況によって希釈倍率を変えたり放置時間を変えたりとフレキシブルな対応ができます。「除菌だけできればいいから薄めでやってみよう」とか「汚れも落としたいから濃くしてみよう」なんてことができるので、いろいろ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA