Toilet

トイレの給水管に緑青が出たときの解決策

トイレの給水管に緑青が出たときの解決策を紹介します。掃除によって緑色のポツポツした汚れを取り除く方法です。前回紹介したものよりひと手間増えていますが、その分頑固な緑青が落とせるようになっているので、新品を目指してがんばってみてください。

緑青(ろくしょう)とは銅の表面にできる錆。銅イオンが空気中の水分と二酸化酸素と反応することによって発生する。

準備する掃除道具

酸性洗剤
緑青の除去に酸性洗剤は必須です。おすすめはリン酸にエタノールを加えたスペースショットのサビ落としトイレクリーナー。除菌効果もありトイレ掃除にピッタリです。
研磨剤
給水管を傷つけないもの。GSR(ジーエスアール)というクリーナーは、研磨剤の代わりにミネラルで汚れを落とすため、クリームクレンザーみたいに傷の心配がありません。
刷毛
酸性洗剤を塗るときに使います。スプレイヤーにしなかったのは適量を均一に塗布するのがむずかしいから。細かすぎると思われるかもしれませんが、頑固な緑青でこの差は大きいです。
スポンジ
酸性洗剤と同じくらい重要なスポンジ。給水管を傷つけず頑固な緑青を落とすには、ナイロン不織布に砥粒を固着したNCAのファブリックシート(青)が最適です。
乾いたタオル
仕上げに使います。手を拭いたりなんかもできるので掃除をするときは1枚用意しておきましょう。

緑青の落とし方

緑青の落とし方は、酸性洗剤で前処理した給水管を研磨剤で磨くというものです。あらかじめ酸性洗剤を塗っておくことで石みたいに硬くなった緑青もやわらかくなりますし、緑青がやわらかくなれば給水管に傷をつける心配も減ります。詳しい手順は次のとおり。

  1. 簡単にホコリを払う
  2. 酸性洗剤を塗る
  3. そのまま10分待つ
  4. 研磨剤でゴシゴシ
  5. タオルで水拭きする

見たことある工程ばかりですね。前回との違いについて説明しておくと、研磨剤を使う工程が増えています。これは石みたいに硬い緑青を落とすための工程ですから、必要でなければ飛ばしてもらって構いません。実際にやってみたときの様子をビフォーアフターで見てみましょう。

ビフォーアフター

緑青

清掃前

緑色の緑青が粉を吹いたようになっています。手ざわりはザラザラしておろし金みたい。タオルで撫でると糸が引っ掛かってビリビリに破れてしまうほど硬く強固に成長しています。

給水管

清掃後

ようやく本来の姿が戻ってきました。作業時間は20分くらい。あまりにも長い期間放ったらかしにしておくと緑青がメッキに食い込んでいくため、なるべく早いうちに掃除をしてください。

コツ・ポイント

今回は酸性洗剤を塗ってから磨くまでに10分待ちましたが、スペースショットのサビ落とし・トイレクリーナーは最大40分まで時間を置けます。もし上手く落とせないときはラップをして洗剤が乾くのを防ぎつつ、長めに時間を置いてみてると緑青に何か変化が起こるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA