Window

サッシの垂れ染みを消す手順

窓掃除のついでにサッシの垂れ染みを消す手順を紹介します。洗剤を使わずにキレイにする方法です。白色のサッシ(ツヤ消し仕上げ)限定の手順ですが、プロに掃除をしてもらったのと同じくらいピカピカになるので、覚えておいて損はないと思います。

サッシの垂れ染みは窓の結露が原因で出てくる汚れである。ゴムパッキンのカビと一緒に落としてあげるのが望ましい。

準備する掃除道具

メラミンスポンジ
メラミン樹脂をミクロン単位で発砲させたメラミンスポンジ。硬度の高い骨格構造をしているため洗剤を必要とせず、水だけでしつこい汚れをかき取ることができます。
タオル
サッシを拭くときに使います。細かい毛クズが出るのが嫌なら、着古した肌着やTシャツといったメリヤス編みのウエスを用意するといいでしょう。
スクイジー
垂れ染みとは関係ありませんが、いい機会なのでスクイジーを使って窓ガラスもキレイにしてあげましょう。ガラスがピカピカになれば相乗効果でより達成感を感じられるはずです。
ゴム手袋
手荒れを防いでくれるゴム手袋。今は100均でも買えますから、掃除用にひとつ持っておくといいでしょう。

垂れ染みの落とし方

垂れ染みの落とし方は、あなたがいつもやっている掃除と何も変わりません。水に濡らしたメラミンスポンジで汚れているところをサッと撫でる。たったこれだけで清潔感のかけらもなかったサッシが見違えるほどキレイになります。詳しい手順は次のとおり。

  1. スポンジを濡らす
  2. 垂れ染みを撫でる
  3. タオルで拭く
  4. 取りこぼしの確認

あまりにもカンタンすぎて拍子抜けしそうですね。ただ、この手順からもわかるように、住まいの掃除というのは汚れに適した道具選びをしてあげると手順がビックリするくらい単純になります。わたしがやってみたときの写真があるので、一緒に見てみましょう。

ビフォーアフター

垂れ染み

清掃前

結露のせいでたくさんの垂れ染みができています。水滴が付いたときに拭き取れば予防できますが、結露が出るたびにそれをやるのは現実的じゃありません。

サッシ

清掃後

垂れ染みが消えてサッシが生まれ変わりました。作業時間はわずか2分。これなら窓を開閉するたびに嫌な思いをしなくて済みますし、カーテンが汚れることもないでしょう。

コツ・ポイント

その扱いやすさから住まいの掃除でも重宝されているメラミンスポンジですが、汚れをかき取る力は金属が編み込まれたスポンジと同じくらい強いです。力を入れ過ぎるとサッシの塗装にまで影響を与えてしまうので、作業をするときは強く押さえつけず、表面を撫でるような感じでやってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA