水垢
Bathroom

浴室ドアの下枠から水垢を除去する方法

浴室ドアの下枠から水垢を除去する方法を紹介します。くたびれた浴室に清潔感を取り戻す方法です。なかには水垢と聞くだけで拒否反応が出る人がいるかもしれませんが、足元がキレイになると浴室の印象がグッとよくなるので、手順だけでも覚えてみてください。

ドアの下枠に出てくる水垢は、炭酸カルシウムを主成分としている。鏡や浴槽のふちに出てくるものより脆く、落としやすい。

準備する掃除道具

酸性洗剤
水垢をやわらかくしてくれる酸性洗剤。クエン酸を使った方法は紹介済みです。今回はリン酸とエタノールを配合したスペースショットのサビ落とし・トイレクリーナーを選びました。
ケレン
水垢を削り落としてくれるケレンは金属製が一般的ですが、浴室ドアの下枠をキレイにする場合、プラスチック製のものを使うといい感じになります。
スポンジ
仕上げのときにあると便利なスポンジ。何でもいいわけじゃありません。おすすめは水だけでも汚れが落とせるNCAのファブリックシート(青)です。
ハンドブラシ
すき間や角といった狭いスペースをキレイにするときに役立ちます。ただし水垢の除去とは関係ないところでの使用になるため、なくても特に問題はありません。

水垢の落とし方

水垢

1. ドア枠の状態を確認する

掃除を始める前のチェックは必須です。全体をぐるりと見回して、①酸性洗剤に耐え得る材質か、②今の時点で異常はないかをしっかり確認しておきましょう。

2. 酸性洗剤を塗って5分待つ

問題がないのを確認したら酸性洗剤を全体に塗って5分待ちます。これにより水垢がやわらかくなり、プラスチックのケレンでも楽に落とせるようになります。

3. ケレンで削る

酸性洗剤でやわらかくなった水垢をプラスチック製のケレンで削ります。ボロボロと崩れていくようなら洗剤が効いている証。できる限り落としておきましょう。

下枠

4. 仕上げ

最後にスポンジとブラシでゴシゴシやると、ピカピカになったドア枠が顔を出します。あとはすすぎをして終わり。作業時間は全部で10分くらいでした。

コツ・ポイント

浴室ドアの下枠に使われている材質は塗装を施したアルミですから、硬い道具で掃除をするとすぐ色が剥がれてしまいます。そうなるといくら水垢を落としてもキレイに見えないので、作業をするときは必ずプラスチック製のケレンを用意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA