Bathroom

お風呂のドアに出てくる白い汚れの落とし方

お風呂のドアに出てくる白い汚れの落とし方を紹介します。金属石鹸と呼ばれる汚れの落とし方です。世間のイメージ的には「金属石鹸?何それ?」といった感じだと思いますが、わたしたちにとってとても身近な汚れなので、やり方だけでも覚えてみてください。

金属石鹸は皮脂と金属イオンが反応したときに出てくる汚れ。石鹸カスというグループに属しており、金属石鹸=石鹸カスの意味で使われることもある。

準備する掃除道具

酸性洗剤
お風呂のドアを白くする金属石鹸には酸性洗剤が有効です。なかでも文化雑巾のマクビーは不溶性の汚れに強く、今回のようなケースで真価を発揮します。
スポンジ
スポンジは半透明の樹脂パネルみたいに傷が入りやすい場所を想定したものでなければなりません。おすすめはMFスクラブスポンジ。お風呂が丸ごと洗える優れものです。
洗車ブラシ
お風呂のドアに洗剤を塗布する際に使用します。毛先が筆のように柔らかく洗剤をたくさん含むものが用意できると、スプレイヤーより上手に洗剤を塗れるでしょう。
ゴム手袋
手荒れを防いでくれるゴム手袋。今は100均でも買えますから、掃除用にひとつ持っておくといいでしょう。

白い汚れの落とし方

白い汚れの落とし方は、お風呂のドアに酸性洗剤を塗って、しばらく待ってからスポンジでこするというものです。むずかしい作業は何もありません。塗る、こする、流す、掃除の基本さえ知っていればどなたでも真似してもらえます。詳しくは次のとおり。

  1. ドア全体に酸性洗剤を塗る
  2. 30分くらい時間を置く
  3. 小さな円を描くようにこする
  4. シャワーでしっかりすすぐ
  5. 乾燥させてできあがり

これで真っ白になっていたお風呂のドアもすっきりします。ウロコ状の水垢が残る場合は、別の酸性洗剤でもう一度洗浄を行ってください。手順は『お風呂の壁から水垢を効率よく除去する方法』で紹介しています。いずれ必ず必要になる掃除なので、この機会にしっかりチェックしておきましょう。

ビフォーアフター

白い汚れ

清掃前

半透明の樹脂パネルが真っ白になってます。内訳としては金属石鹸が9で水垢が1くらい。すでに危険信号が点滅していますが、上記の手順であれば十分キレイになるレベルです。

浴室ドア

清掃後

白い汚れが落ちてお風呂のドアに清潔感が戻ってきました。以前のくたびれた感じはもうありません。これなら今後のお手入れはバスマジックリンだけでもやっていけるでしょう。

コツ・ポイント

お風呂のドアに発生する白い汚れ(金属石鹸)は洗剤を弾く汚れです。普通の洗剤では成分が行き渡る前に乾いてしまい、何度も同じことを繰り返すハメになるので、なるべくマクビーみたいに浸透する力の強い洗剤を選んでください。そうすれば1回でキレイになるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA