Window

スクイージーの使い方を覚えたら窓掃除が楽しくなった!

あなたは窓掃除をするとき、どんな道具を使っていますか。新聞紙?濡れタオル?人によっていろいろな方法を試していると思いますが、「スクイージーを使っているよ!」という人は少ないのではないでしょうか。

スクイージーは、ハウスクリーニングで使われている窓掃除の道具です。水切りワイパーとも呼ばれており、ガラスの表面に残った水を回収するために使います。

汚れは落とせません。できるのは水の回収だけです。それでも他の道具にはできない仕事をしてくれるため、窓掃除では重宝します。使い方を覚えれば、新品みたいなガラスも夢じゃないので、興味がある人は参考にしてください。

なるほど!スクイージーの使い方

スクイージー

スクイージーは、先端に取り付けられたゴムでガラスの水を回収する道具です。水分を残さないため窓掃除にありがちな拭きムラが出にくく、美しい仕上がりに期待できます。

スクイージー短時間で終わる仕上がりがキレイ
新聞紙時間が掛かる拭きムラができる
濡れタオル時間が掛かる拭きムラができる

使い方は、ガラスに密着させたスクイージーを上から下へスーッと動かすだけ。途中で止まらず一気に動かせば、ムラのないピカピカのガラスが顔を出します。

ただ、先ほども言ったとおり、スクイージーに汚れを落とす能力はありません。窓掃除でプロみたいな仕上がりを手に入れるには、ちょっとした下準備が必要になります。

下準備とは、ガラスに張り付いている汚れを浮かせる作業のことです。洗剤で浮かせたり、カミソリで削いだりして汚れを水の中へ取り込めば、それを汚水として回収できます。

最も簡単なのは、ガラスに洗剤を吹き付けたあと、甘く絞ったタオルで全体をゴシゴシやること。これをやったあとにスクイージーを使えば、ガラスには水も汚れも残りません。実際にやってみたときの写真があるので見てみましょう。

窓ガラス

ホコリまみれで景色が見えなかった腰高窓を半分だけキレイにしたところです。外に出れる環境ではなかったため、室内から手を伸ばして作業をしましたが、下準備をしっかりしたおかげで、別物みたいな窓に生まれ変わりました。

まさに劇的ビフォーアフター。最も簡単な方法でこの透明感ですから、こだわったときの仕上がりは窓掃除の限界を超えてしまうんじゃないでしょうか。使い方をまとめておきましょう。

  1. 窓ガラスに中性洗剤を軽く吹き付ける
  2. 甘く絞った濡れタオルで全体をゴシゴシ
  3. 乾く前にスクイージーで汚水を回収する
  4. 窓ガラスの四隅を乾いたタオルで拭く

窓掃除の基本みたいな方法です。スクイージーの使い方は、この下準備を含めずに語ることはできません。せっかく買ったのにキレイにならないと嘆いている人がいたら、事前に汚れを落とすことの大切さを教えてあげてください。

窓掃除は小さなキレイの積み重ね

サッシ

窓掃除は、ガラスがピカピカになったからといって終わりじゃありません。サッシ、レール、クレセント、手を加えてあげたい場所は他にもたくさんあります。

実際、こういった細かいところで手を抜いてしまうと、せっかく覚えたスクイージーの使い方も効果を発揮できません。窓掃除は小さなキレイの積み重ねです。いずれやらなきゃいけない日が来るのなら、今のうちにやっておきましょう。

時間は掛かりません。ちょっとした洗剤とツインブラシがあればすぐです。住まいの窓掃除では欠かせない作業のひとつなので、ガラス面と一緒にキレイにしてあげましょう。

その他の情報については、エトレの日本公式サイトなんか見ると参考になります。エトレは窓ガラス清掃用品のトップメーカーです。今年からオンラインストアを始めたみたいなので、覗いてみると何かお得な情報が見つかるかもしれません。

ETTORE(エトレ)のスクイジー・窓ガラス清掃用品販売 | 日本公式オンラインストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA