Bathroom

蛇口のカルキ汚れを落とす方法

蛇口のカルキ汚れを落とす方法を紹介します。ちょっと前にハウスクリーニング業界で話題になった方法です。世間の認知度で言えばまだまだこれからといった感じですが、そう遠くないうちに人気が出るのは間違いないので、先取りするつもりで覚えてみてください。

カルキ汚れは水まわりに出てくる白っぽい汚れのことで、炭酸カルシウムもしくはカルシウムを含む水垢と同じ意味で使われる。

準備する掃除道具

研磨剤
おすすめはウロコ取りクリーナーのGSR。ミネラルで汚れを落としていくこのクリーナーは、水まわりの蛇口、水栓金具カラン全般をピカピカにしてくれる優れものです。
スポンジ
スポンジはNCAのファブリックシート(青)がベスト。これで掃除をしたあとの蛇口は、まるで撥水加工をしたみたいに水滴がコロコロと玉になって流れていきます。
タオル
すすぎをしたあとの拭き取り用に。蛇口みたいにメッキでコーティングされている設備は、最後に乾いたタオルで拭いてあげると信じられないくらいピカピカになります。
ゴム手袋
手荒れを防いでくれるゴム手袋。今は100均でも買えますから、掃除用にひとつ持っておくといいでしょう。

カルキ汚れの落とし方

カルキ汚れの落とし方は、GSRを研磨剤の代わりにして蛇口を磨くというものです。これはガラスや鏡をキレイにする技術を応用したもので、輝きが求められる場所では素晴らしい仕上がりを見せてくれます。詳しい手順は次のとおり。

  1. 蛇口全体をシャワーで軽く濡らす
  2. ウロコ取りクリーナーでゴシゴシ
  3. 汚れが落ちたら水ですすぐ
  4. 乾いたタオルで拭いてツヤ出し

これで真っ白になっていた蛇口が生まれ変わります。キレイになる仕組みについては、GSRに含まれるアルミナシリケートという成分が、カルキ汚れや石鹸カスを削ぎ落とし、獣脂石鹸で深い輝きを与えています。ビフォーアフターで違いを見てみましょう。

ビフォーアフター

カルキ汚れ

清掃前

本来はピカピカに輝いているはずの蛇口がカルキ汚れによって真っ白になっています。これではどんなに鏡や浴槽の掃除を頑張っても、お風呂に清潔感が戻ることはありません。

蛇口

清掃後

輝きのかけらもなかった蛇口が新品みたいに生まれ変わりました。まさに劇的ビフォーアフター。これなら清潔なお風呂に入りたいという夢も叶えられるでしょう。

コツ・ポイント

今回は、お風呂に出てきたカルキ汚れを例に落とし方を紹介してきましたが、キッチンや洗面台の蛇口も同じやり方でキレイにできます。手軽でありながらプロ顔負けの仕上がりが手に入る素晴らしい手順なので、あなたの家をピカピカにする手段として役立ててください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA