Kitchen

ベトコのベストベットは水まわりに強いクリームクレンザー!

ベトコのベストベットは、クリームクレンザーに酸性洗剤の効果をプラスした海外製のクリーナーです。日本のメーカーが販売しているものより水まわりとの相性がよく、これひとつでたくさんの設備を生まれ変わらせることができます。

たとえばステンレスのシンク。日本製のクリームクレンザーだと水垢や石鹸カスを落とすのが精一杯ですが、ベトコのベストベットは汚れの除去と傷消しを同時進行で行なっており、手間を増やすことなく美しい仕上がりを手に入れられます。

また陶器の洗面ボールでは、釉薬(ゆうやく)と呼ばれるガラス質を傷つけずに汚れを落としてくれるため、本来の美しさが損なわれません。

とにかくすごいクリーナーです。価格も1リットル入りで800円程度とリーズナブルですし、使い方もカンタンです。自宅にひとつ置いておくとすごく役に立つので、おすすめのクリームクレンザーを探している人は、次の候補として検討してみてはどうでしょうか。

クリームクレンザーの代表格

ベトコのベストベット

ベトコのベストベットは、水まわり向きの成分を配合したクリームクレンザーです。研磨剤に結晶性シリカ、界面活性剤にアルコールエトキシレートとドデシルベンゼンスルホン酸を採用していて、しつこい汚れをザクザク落とします。

BEST BET™(外部サイト)

カンタンに言うと、わたしたちが普段使っているやつの2倍くらいパワフルなクリームクレンザーでしょうか。研磨剤からして一般的なものとは違っていますから、どんなにくたびれた設備でもサクッと生まれ変わりますし、これで掃除をしたあとの設備は手ざわりがツルツルになります。

商品名研磨剤の種類
ベストベット結晶性シリカ
ジフ炭酸カルシウム
ホーミング炭酸カルシウム

水垢、錆、石鹸カス、グリース、何でもかかってこいです。自分で住まいの掃除をやっている人は「そんなに上手い話ある?」と思うかもしれないですけど、ベトコのベストベットに限ってはたったひとつのルールさえ守っていれば何の心配もありません。

そのルールとは?材質を選ぶことです。プラスチックや塗装面みたいな柔らかい材質を避け、ステンレスや陶器といった硬い材質に使ってあげると、すべてが上手くいきます。これはベトコのベストベットを使いこなす極意でもあるので、必ず覚えておいてください。

期待を裏切らない仕上がり

ベトコのベストベットがどういったクリームクレンザーか理解してもらったところで、次は実際に使用してみたときの事例を紹介します。

実験台になってもらったのはキッチンのシンク。ここは細かい傷がたくさん付いているためビフォーアフターで違いを比べやすく、微妙なクリーナーにありがちな本当にキレイになっているのかよく分からない問題もありません。

それに材質がステンレスですから、ベトコのベストベットと相性もバッチリです。パワフルなクリームクレンザーがどのように働くか、その違いを確認してください。

傷が消えて全体に柔らかな光沢が戻ってきました。これこそステンレス本来の輝き。掃除をしている最中は、キレイになっている感触が伝わってきて楽しいですし、下がりがちな掃除のモチベーションを上げるいいきっかけになるのではないでしょうか。

経験は関係ありません。特別な技術も要りません。誰がやっても安定した仕上がりになるのがベトコのベストベットです。

結論としては「試す価値あり」と言えるでしょう。ここまで説明してきたように、とても優秀なクリームクレンザーです。ハウスクリーニング業者も利用している逸品なので、機会があれば一度お試しください。きっと気に入ってもらえると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA