Bathroom

鏡のウロコ汚れに効く実力派のクリーナーを3つ選びました!

お風呂の鏡を白くするウロコ汚れ。そのしつこさは水まわりに発生する汚れの中でもトップクラスですが、簡単に使えるアイテムが増えたおかげで、以前よりも格段に対処しやすくなりました。

事実、ハウスクリーニング業者の人はたくさんの選択肢から道具を選んでおり、うらやましくなるほどキレイな仕上がりを手に入れています。

そこで、あなたにも素敵な仕上がりを手に入れてもらえるよう、おすすめのアイテムを3つ紹介します。どれも実際に試したものばかりです。効果についても確認済みなので、気になるものがあれば試してみてください。

鏡を白くするウロコ汚れの正体

鏡

ウロコ汚れは、水道水に含まれる炭酸カルシウム、炭酸マグネシウム、二酸化ケイ素などのミネラル分が時間をかけて蓄積したものです。時間が経てば勝手に蒸発する水に対し、ミネラル分はそのまま残ってしまうので、たくさんの人がお手入れに困っています。

強烈なのは、ウロコ汚れが鏡と一体化してしまったとき。鏡は二酸化ケイ素という原子を持っていて、これがウロコ汚れと結びつくとシリカスケールと呼ばれるガチガチの水垢になります。

シリカスケールになったウロコ汚れは石と同じ。クエン酸や重曹では落とせないのでくれぐれも気をつけてください。

1. 大人気ダイヤモンドパッド

鏡のウロコ汚れが落とせるひとつ目のアイテムは、今や大ヒット商品となったダイヤモンドパッドです。人工ダイヤモンドを研磨剤として配合した高性能スポンジで、洗剤を使わずに水だけで鏡の掃除ができます。

イメージとしては、ウロコ汚れがザクザク落ちていく感じでしょうか。作業中はキレイになっている感触が伝わってきて楽しいですし、仕上がりも家庭でやるレベルとは思えないくらい美しいのでおすすめです。

ただ、間違った使い方をすると鏡に傷が入ります。これは取扱説明書にも書いてあるため、正しい使い方をしましょう。

ダイヤモンドパッドの使い方を変えたら水垢がすごく落ちた!

2. 酸性洗剤ミラースカット

ダイヤモンドパッドの次に紹介するのは、酸性洗剤のミラースカットです。こちらは化学反応によってウロコ汚れを落としていくタイプの酸性洗剤で、研磨剤が使えない場面でも素晴らしいパフォーマンスを見せてくれます。

たとえば特殊な加工がされた鏡。研磨剤だと傷の心配が尽きないのに、ミラースカットは研磨剤そのものが入っていないため、安心して作業ができます。

おまけに撫でるだけウロコ汚れが落ちていきますから、ストレスは一切ありません。さすが無機酸ベースの洗剤。これからの時代、オーソドックスな鏡が減っていくと予想されるだけに、何かと重宝しそうな予感がしています。

窓ガラスの水垢がサクサク落とせる酸性洗剤を見つけた!

3. 最強GSR(ジーエスアール)

最後に紹介するアイテムは、ハウスクリーニング業者も絶賛しているGSRです。これはアルミナシリケートと獣脂石鹸が主成分の海外製クリーナーで、酸や研磨剤に頼らずウロコ汚れの除去ができます。

たとえるなら、ダイヤモンドパッドの力強さと、ミラースカットの繊細さを持つクリーナーといったところでしょうか。自然派由来の成分を配合しているため安全性も高く、はっきり言って文句の付けようがありません。

作業をするときは、専用のアクアパッドを併用すると、より美しい仕上がりになるでしょう。鏡に輝きを取り戻すために、ぜひ参考にしてください。

GSRは鏡のウロコ汚れが落とせる本物のクリーナーだった!

注目のアイテムが続々登場中

鏡のウロコ汚れが落とせるアイテムは日を追うごとに増えています。今は洗剤タイプ、研磨剤タイプの2つが主流ですが、そのうち誰も想像しなかったウロコ汚れの落とし方が出てくるかもしれません。

ただ、世に出てくるほとんどのクリーナーは、今までの二番煎じか期待外れの可能性が高いため、新しいからといってすぐに飛びつかず、自分に必要な物かどうかを冷静に判断してから買うようにしてください。

あせらず、急がず。本当に優秀な清掃用品は、放っておいても噂になります。今回紹介した3つのアイテムはその典型だと思うので、お風呂の鏡をピカピカにするために役立ててください。きっと期待に応えてくれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA