Bathroom,  Window

GSRは鏡のウロコ汚れが落とせる本物のクリーナーだった!

GSR(ジーエスアール)は、鏡のウロコ汚れが落とせるクリーナーです。アメリカでは、38年も前から住まいのウロコ取りに利用されており、掃除に励むユーザーの味方としてたくさんの問題を解決してきました。

そんなGSRが日本で流行っているのを知っていますか?

今のところ、利用しているのはハウスクリーニング業者や住まいの専門家がほとんどですが、そのうち世間を巻き込んで爆発的に広がっていきます。自宅にひとつあるとすごく便利なので、興味がある人は参考にしてください。

Bruce’s GSR(外部サイト)

MSDS要らず!GSRの基本情報

鏡

GSRはアルミナシリケートと獣脂石鹸が主成分のクリーナーです。酸、溶剤、研磨剤が含まれていないため、業務用洗剤みたいにいくつも注意事項を覚える必要がなく、はじめての人でも安心してウロコ汚れに利用してもらえます。

たとえば、お風呂の鏡。真っ白になった鏡を前にすると「わたしにやれるかしら?」と不安になってしまいますが、GSRはちょっとした電動工具があれば、プロみたいに涼しい顔をしながらウロコ取りができます。

ホントに?本当です。

それに鏡をキレイにしたあとは、水まわりのクリーナーとして活躍してくれるため、せっかく買ったのに使う機会がない!」なんてこともありません。

ありがたいですね。詳しい使い道については以下で説明しています。どれもやりがいのあるところばかりです。覚えておけば住まいがピカピカになること間違いなしなので、今のうちにしっかり目を通しておきましょう。

  • 鏡・ガラス
  • クロムメッキ
  • 陶磁器
  • アルミニウム

鏡用のクリーナーとは思えないほどの多用途ぶりです。石材とステンレスについては、メーカーが別のやつをおすすめしているのでリストから外しました。別のやつとは、EZクリーン(イージー・クリーン)のことです。これはGSRと同じところの商品ですから、セットで覚えておくと役に立つでしょう。

EZ-Clean(外部サイト)

鏡から目が離せなくなる美しさ

GSRが支持される理由は他にもあります。鏡のウロコ汚れを落としたときの透明感は、新品に取り替えたのかと疑ってしまうほど美しく、ずっと眺めていても一向に飽きる気配がありません。実際、お風呂の鏡で試したときは、あまりのキレイさにしばらくその場を離れられませんでした。

あなたはそんな経験ありますか?

普通なら「はぁ、やっと終わった」と一刻も早くその場を離れたくなるものなのに、GSRはそういった気持ちにさせないばかりか、ずっと眺めていても飽きないなんて、一体、何が違うのでしょうか。実は汚れを落とす仕組みに秘密があるのです。

鏡

一般的なクリーナーの場合、研磨剤の力を利用してウロコ汚れを落とします。これは非常にパワフルな反面、肉眼では見えないくらいの傷を鏡に残すことがあり、それが少なからず透明感の邪魔をしてきました。

一方、GSRはミネラルが研磨剤の代わりとして働くため、透明感の妨げとなる傷の心配がなく、最終的に新品と見間違うくらいの仕上がりになるのです。目が離せなくなる理由、わかってもらえたでしょうか。

GSRミネラルで汚れを落とす鏡を傷つける心配はない
市販品研磨剤で汚れを落とす鏡に傷が入る場合がある

他にも安全性の高さだったり、コストパフォーマンスだったり、GSRにしかない魅力がたくさんあります。試してもらえれば必ず気に入ってもらえるので、本格的なウロコ取りクリーナーを探している人は、チェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA