Kitchen

食洗機のふちに出てくる白い汚れの落とし方

食洗機のふちに出てくる白い汚れの落とし方を紹介します。わずか3ステップでくたびれた食洗機を生まれ変わらせる方法です。手順としては非常にシンプルなものですが、クエン酸よりも短時間で美しい仕上がりが手に入るので、がんばってチャレンジしてみてください。

食洗機のふちに出てくる白い汚れは、ライムスケールと呼ばれる水垢の仲間である。炭酸カルシウムを主成分としており、軽度のものであれば自分で作った酸性洗剤でも落とせる。

準備する掃除道具

酸性洗剤
おすすめはスペースショットのハルト。リン酸をベースにした洗剤は炭酸カルシウム系の汚れと相性がよく、塗った瞬間に白い汚れがボロボロ崩れていきます。
刷毛
酸性洗剤を塗るときに使います。住まいの掃除では頻繁に登場するアイテムですから、ひとつ持っておくといいかもしれません。
スポンジ
わたしがよく使うのはナイロン不織布に砥粒を固着したNCAのファブリックシート。パワフルな使い心地と傷を付けないやさしさは、食洗機の掃除でも大いに役立ってくれます。
キッチンペーパー
湿布用。食洗機の白い汚れは根っこの部分が一番手強いです。普通に掃除をして落ちなさそうなときは、キッチンペーパーで湿布をして取りこぼしをなくしましょう。

白い汚れの落とし方

食洗機にふちに出てくる白い汚れの落とし方は、酸性洗剤を塗ったあとにスポンジでこするというものです。変わった工程はひとつもありません。この手順は、みんなが知っているやり方でいつもよりキレイな仕上がりになるのが最大の魅力です。詳しくは次のとおり。

  1. 酸性洗剤を塗布する
  2. スポンジでこする
  3. キレイな水ですすぐ

これで食洗機が生まれ変わります。湿布をするタイミングについては、最初でも1回掃除が終わってからでも構いません。大切なのは最後にキレイになっていること。どこで湿布をしようと大して時間は掛からないので、汚れの落ち方を確認しながら気軽にやってみてください。

ビフォーアフター

白い汚れ

清掃前

ビルトイン食洗機のふちに白い汚れが付いています。これはミネラル分のかたまりですから不潔なものではありませんが、そのままにしておくと見た目がよくありません。

食洗機

清掃後

白い汚れが落ちて本来の姿が戻ってきました。これでもう扉を開閉するたびにウンザリしなくて済みますし、明日からは新品だった頃と同じ気持ちで食洗機を使えそうです。

コツ・ポイント

食洗機のふちに使われている材質は、ABS樹脂というプラスチックです。これは薬品に強い耐性があって掃除に向いていますが、硬いものでガリガリやるとすぐ傷が入ってしまいます。そうなると汚れの有無に関係なくキレイに見えないので、お手入れは傷が入らない道具のみでやるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA