浴槽の下に溜まったスカムの掃除方法

浴槽の下に溜まったスカムの掃除方法を紹介します。エプロンの内部を清潔に保つ方法です。普段は化粧カバーで隠されているため中がどうなっているのか確認しづらいですが、たまに空けてみるとビックリするくらい汚れているので、定期的に掃除をしてあげてください。
スカムは皮脂や石鹸の成分、髪の毛などがかたまりになったもの。定期的に取り除いておかないとチョウバエが卵を産み浴室が虫だらけになる。

準備する掃除道具

塩素系漂白剤
除菌や消臭に役立つ塩素系漂白剤。前回紹介した『エプロン内部の清掃』では断熱材との相性を考えて使用を控えましたが、断熱材がなければ問題なく使えます。
スポンジ
平面をキレイにするときにあると便利なスポンジ。浴槽の下部では目詰まりしにくい不織布のスポンジを用意しておくと快適な掃除ができるでしょう。
洗車ブラシ
柄の長い洗車ブラシは、手が届かない奥側の掃除をするときに重宝します。毛先がやわらかいタイプの洗車ブラシを選んでおくと、洗剤も塗れて一石二鳥です。
ゴム手袋
洗剤による手荒れの予防というより、ケガ防止の意味合いが強いです。浴槽の下側はすり傷とかできやすい場所なので、なるべく厚手のものを用意しましょう。

スカムの落とし方

浴槽の下に溜まっているスカムは、水で薄めた塩素系漂白剤を塗っておくとカンタンに落とせます。力を込める必要はありません。なぜなら塩素系漂白剤は汚れを引き剥がす力が強く、サッとなでるだけでキレイになるからです。詳しい手順は次のとおり。
  1. 浴槽の化粧カバーを取り外す
  2. 10倍に薄めた洗剤を塗布
  3. 侵透するまで10分くらい待つ
  4. ブラシやスポンジでゴシゴシ
  5. シャワーでしっかりすすぐ
これでスカムまみれだった浴槽の下部がスッキリします。化粧カバーの取り外し方については、①ストッパーやビスを外す。②化粧カバーを上に持ち上げて手前に引く。大体はこの手順で外せます。実際に掃除をしたときの写真があるのでビフォーアフターで見てみましょう。

ビフォーアフター

スカム
清掃前 何とも表現しづらい汚れが浴槽の下側に溜まっています。おそらくカビが生える一歩手前といったところ。これが酷くなるとチョウバエが卵を植え付けたりするわけです。
浴槽下
清掃後 塩素系漂白剤のおかげでスカムが取り除かれました。作業時間は待ち時間を含めて30分掛からないくらい。これで浴室が清潔になるのですから試さない手はありません。

コツ・ポイント

浴槽の下に溜まっているスカムはカンタンに言うとゴミのかたまりですから、当然、排水溝に流すことはできません。詰まりや異臭騒ぎといったトラブルを防ぐためにも、実際に作業をするときはゴミ袋を用意し、かたまりになっているゴミはそちらに捨てるようにしてください。