タオル掛けの水垢をカンタンに落とす方法

タオル掛けの水垢をカンタンに落とす方法を紹介します。くたびれた浴室に清潔感を取り戻す方法です。普段は浴槽やゴムパッキンの掃除が忙しくてなかなか手が回らないと思いますが、上手くやれば10分くらいキレイにできるので、この機会にチャレンジしてみてください。
タオル掛けは下半分に水垢がつきやすい。掃除をするときは下側を中心にこすってあげると、新品みたいなタオル掛けに生まれ変わる。

準備する掃除道具

クレンザー
水垢まみれになったタオル掛けは、洗剤のみで掃除をするよりクレンザーみたいな磨き粉でやったほうが早くキレイになります。おすすめはコスケムの『びっくり粉』
酸性洗剤
単体では役に立たない酸性洗剤も、前処理として利用すると時短効果を得られます。家に余っているクエン酸などがあればお好みで用意してください。
スポンジ
おすすめはNCAのファブリックシート(青)。他のスポンジと違ってこれ自体に汚れを落とす力があり、メッキ部分の軽い汚れなら水だけでキレイにできるほど優秀です。
ゴム手袋
住まいの掃除に欠かせないゴム手袋。最近は使い捨てができるペラペラのゴム手袋をよく使っていますが、お風呂掃除だとすぐ水が入ってきてダメになるので、厚手のやつをおすすめします。

水垢の落とし方

水垢の落とし方は、あらかじめ酸性洗剤で前処理しておいたタオル掛けをスポンジでこするというものです。傷の心配はありません。なぜなら、びっくり粉は水に溶けやすい超微粒子研磨剤を配合しており、汚れだけに働きかけるように作られているからです。詳しい手順は次のとおり。
  1. 酸性洗剤を万遍なく塗る
  2. そのまま10分くらい待つ
  3. びっくり粉と水を混ぜる
  4. スポンジにつけてこする
  5. シャワーで丁寧にすすぐ
いつもどおりシンプルな手順ですね。びっくり粉についてカンタンに説明しておくと、こちらはいわゆる水に溶かして使うタイプのクレンザーで、びっくり粉1に対し水を1加えると重汚染の場所でもサクサク汚れを落とせます。仕上がりをビフォーアフターで見てみましょう。

ビフォーアフター

水垢
清掃前 ちょっと見づらいですが下側に水垢がでてモヤッとしています。このままだとタオル掛け全体が真っ白になり、せっかくの輝きが消えてしまうかもしれません。
タオル掛け
清掃後 上記の手順どおりにやったらタオル掛けに輝きが戻ってきました。磨いた時間は2~3分。前処理をしておいたおかげで『ふち』や『すみ』の水垢も楽に落とせました。

コツ・ポイント

タオル掛けに発生した水垢の落とし方は、水栓金具をキレイにする手順とよく似ています。つまり『蛇口のカルキ汚れを落とす方法』や『カランの水垢が落ちないときの対処法』も使えるということなので、自分に合ったものを選んで試してみてください。