浴槽のへりを5分でピカピカにする方法

浴槽のへりを5分でピカピカにする方法を紹介します。浴槽の水垢が面白いように落ちていく手順』より短時間でキレイにする方法です。手軽さ重視ですからガチガチの水垢は落とせませんが、普通の家庭であれば十分キレイを感じられるので、やり方だけでも覚えてみてください。
浴槽のへりを掃除するときに一番邪魔なのは水垢。この汚れを落とせると入浴中に感じる清潔感が段違いにアップする。

準備する掃除道具

酸性洗剤
へりの水垢を落とすときに役立つ酸性洗剤。クエン酸では5分で終わらせることができないため、一発でキレイにできる文化雑巾のヴィーナスという洗剤を使います。
スポンジ
おすすめはMFスクラブスポンジ。お風呂掃除の必需品とも言えるこのアイテムは、表面にマイクロファイバーが編み込まれており、浴槽はもちろんのことアクリルパネルの壁まで洗えます。
タオル
掃除が終わったあとにタオルでサッと拭いてあげるとピカピカになったへりが見られます。自分の力でやり遂げたという達成感を味わいたい人は1枚用意してみてください。
ゴム手袋
手荒れを防いでくれるゴム手袋。今は100均でも買えますから、掃除用にひとつ持っておくといいでしょう。

水垢の落とし方

浴槽のへりをキレイにする方法は、酸性洗剤で脆くした水垢をマイクロファイバースポンジでかき取るというものです。むずかしい作業は何もありません。ただ浴槽が洗剤に触れている時間を短くしたいため、以下の工程を素早く繰り返すことが重要です。詳しく見ていきましょう。
  1. 酸性洗剤を塗る
  2. すかさずこする
  3. シャワーで流す
平凡な手順に不安を覚えたかもしれませんが、これさえやっておけば水垢が残ることはありません。なぜなら、へりの水垢は鏡に出てくるものと違って共有結合(ケイ素同士が結びつく反応)が起こりづらく、洗剤選びさえしっかりしておけばカンタンに落とせるからです。

ビフォーアフター

清掃前 白い水垢のせいで照明の映り込みがぼやけてしまっています。このままだと清潔感が失われるだけでなく、他の汚れまで呼び込んでしまうかもしれません。
浴槽
清掃後 水垢が落ちて照明の形がはっきりわかるようになりました。作業時間は5分くらい。表面がツルツルになると汚れの再付着もしづらくなるためおすすめです。

コツ・ポイント

横に長い浴槽を掃除するときはスポンジを左右に動かしてしまいがちですが、どちらかというと小さな円を描くようにゴシゴシやると水垢も落ちやすいです。これはハウスクリーニングの基本的な技術なので、思うようにキレイにならないときは手の動かし方を変えてみてください。