手軽にできる浴室のカウンター掃除

手軽にできる浴室のカウンター掃除を紹介します。わずか3工程でツルツルのピカピカになる方法です。カウンターは石鹸カスや水垢といったしつこい汚れの宝庫ですが、手順さえ覚えておけば意外とカンタンにキレイにできるので、機会があれば試してみてください。
浴室のカウンターはシャンプーやボディーソープが置かれているせいで掃除がおろそかになりやすい。清潔感が失われないよう定期的に掃除をしよう。

準備する掃除道具

酸性洗剤
いろんな汚れをまとめて落としてくれる酸性洗剤。おすすめは分厚い汚れをズルッと剥ぎ取ってくれる文化雑巾のマクビーという酸性洗剤。
スポンジ
カウンターが樹脂製ならスポンジはやわらかいタイプを選びましょう。何を選べばいいかわからないときはMFスクラブスポンジを試してみてください。
ゴム手袋
住まいの掃除では欠かせないゴム手袋。洗剤を扱うときはなるべく用意しましょう。

カウンターの掃除方法

水垢や石鹸カスが張り付いたカウンターの掃除は、材質に傷をつけないで汚れを落とすのが理想です。それができれば仕上がりにツヤが出てキレイに見えますし、この先、汚れの再付着もしづらくなります。詳しい手順は次のとおり。
  1. 酸性洗剤を塗る
  2. 何もせず15分待つ
  3. スポンジでこする
  4. シャワーですすぐ
いつもどおりシンプルな手順ですね。キレイになる仕組みは酸性洗剤のマクビーが汚れをやわらかくし、マイクロファイバー製のMFスクラブスポンジでカウンターから引き剥がすというものです。ビフォーアフターで見てみましょう。

ビフォーアフター

石鹸カス
清掃前 ところどころ白くなっているのが確認できますが、全体的にツヤがないのが気になります。これではおしゃれな浴室の魅力を存分に感じることができません。
カウンター
清掃後 上記の手順どおりにやったらカウンターに輝きが戻ってきました。作業時間は15分ちょっと。撫でるだけでキレイになりますから大変だと感じる場面はないはずです。

コツ・ポイント

浴室のカウンターにはABS樹脂をはじめいろいろな材質が使われています。もし石材みたいな材質が使われているときは、トラブルを避けるために酸性洗剤の使用を控え、メーカーが指定した洗剤でお手入れをするようにしてください。