エプロン内部の清掃

エプロン内部の清掃を紹介します。高圧洗浄機とかを使わずにキレイにする方法です。最近はすき間なく貼られた断熱材のせいで掃除ができないやつも増えていますが、手前側だけでもやっておけば安心感が違うので、時間があるときに少しずつでも始めてみてください。
エプロンの内部には皮脂汚れや石鹸カスが大量に潜んでいる。そのままにしておくとそこにカビが生えて虫が湧いたりする。

準備する掃除道具

弱アルカリ洗剤
塩素系漂白剤は除菌やカビの除去に最適ですが、断熱材と相性が悪いので使いません。おすすめは、洗浄、除菌、消臭ができるコロイド洗剤のエコソフィ。
スポンジ
手前側の掃除に。目詰まりしにくいSMSのアクアパッドなどがあると快適に掃除できるかもしれません。
洗車ブラシ
柄の長いブラシは奥側の掃除をするときに重宝します。毛先がやわらかいタイプの洗車ブラシを選んでおくと、いろんな場所の掃除で活用できます。
ゴム手袋
洗剤による手荒れの予防というより、ケガ防止の意味合いが強いです。すり傷とかできやすい場所なので、なるべく用意しましょう。

汚れの落とし方

エプロン内部の清掃は、洗剤で汚れをやわらかくしたあとにスポンジでゴシゴシやっていくというものです。塩素系漂白剤を使わないためニオイも残りにくいですし、軽く撫でるだけでキレイになるのでストレスもありません。詳しい手順は次のとおり。
  1. エプロンカバーを取り外す
  2. 10倍に薄めた洗剤を塗布
  3. ブラシやスポンジでゴシゴシ
  4. シャワーでしっかりすすぐ
これでカビだらけのエプロン内部もスッキリします。ひとつ気をつけてほしいのはゴミの処理。エプロン内部は髪の毛やスカムがかたまりになっており、排水溝に流すと詰まりの原因になります。大きなゴミが出そうなときはビニール袋を用意してそちらに捨ててください。

ビフォーアフター

カビ
清掃前 一見キレイに見えるお風呂でもカバーを外すと信じられないくらい汚れています。ここに虫が卵を産み、チョウバエなどが大量発生するわけです。
エプロン内部
清掃後 もろもろの汚れが落ちてエプロン内部に清潔感が戻ってきました。作業時間は10分くらい。意外と短時間で済むのもこの手順の魅力です。

コツ・ポイント

すすぎをするときは、お風呂に設置してあるシャワーを使うのが一般的ですが、水圧が十分でなかったりホースの長さが足りなかったりと問題もあります。そんなときは洗濯機に繋がっている蛇口からホースを引っ張ってくると、快適な作業ができるのではないでしょうか。