お風呂の壁から水垢を効率よく除去する方法

お風呂の壁から水垢を効率よく除去する方法を紹介します。真っ白になったアクリルパネルの壁を短時間でキレイにする方法です。パワフルな洗剤を使うためそれなりに注意が必要ですが、水を流しながらやれば問題は起きないので、がんばって試してほしいと思います。
アクリルパネルに水垢が出てしまうと、やわらかいところに硬い汚れが乗っかっている形になり、掃除の難易度が上がってしまう。あとで大変な思いをしなくていいようになるべく早く掃除をしよう。

準備する掃除道具

酸性洗剤
水垢の除去に欠かせない酸性洗剤。クエン酸ではいくら時間があっても足りないため、文化雑巾のヴィーナスというパワフルな洗剤を使います。
スポンジ
アクリルパネルに使っても安心なスポンジはそう多くありません。何を使えばいいのか判断できないときはMFスクラブスポンジを試してみてください。
スクイジー
取りこぼしのチェックをするときにスクイジーがあると、一発で水垢が見つかります。効率のいい掃除には必須のアイテムですから必ず用意しましょう。
ゴム手袋
手荒れを防いでくれるゴム手袋。今は100均でも買えますから、掃除用にひとつ持っておくといいでしょう。

水垢の落とし方

水垢の落とし方は、酸性洗剤を塗り込んだあとにスポンジでこするというものです。力を込める必要はありません。ウソみたいな話ですが、今回の手順を覚えておくとアクリルパネルの水垢が軽く撫でるだけで落ちていきます。詳しくは次のとおり。
  1. 水垢に洗剤を塗る
  2. スポンジでこする
  3. シャワーですすぐ
これ以上ないくらい簡単な手順ですね。ひとつだけ注意してほしいのは、常にシャワーで水を流しながら作業をするということ。何度も言っているようにパワフルな洗剤です。関係のないところに垂らすと問題を起こすので、鏡や床に水を撒きながら作業をしましょう。

ビフォーアフター

水垢
清掃前 水垢のせいで照明の映り込みがぼやけてしまっています。このままだと光が正しく反射されず、お風呂全体が暗くなってしまうかもしれません。
壁
清掃後 水垢が取り除かれて照明がちゃんと見えるようになりました。作業時間は写真の範囲で10秒かからないくらい。水の弾き方が変わるところは必見です。

コツ・ポイント

ここまでせつめいしてきた水垢の除去は、洗剤を塗ってから流すまでの時間が短いほど上手くいきやすいです。実際にやるときは範囲を細かく区切って、洗剤がアクリルパネルに触れている時間を減らしてあげるといいでしょう。