カビが生えた手すりの掃除方法

カビが生えた手すりの掃除方法を紹介します。黒くてポツポツしたカビに効果的な方法です。酷いものになると上手くいかない部分も出てきますが、はじめに試す方法としては最適だと思うので、気軽にチャレンジしてみてください。
手すりはゴムパッキンと違って洗剤の影響を受けやすい。掃除をするときは常に材質の劣化に気をつけなければならない。

準備する掃除道具

塩素系漂白剤
次亜塩素酸ナトリウムを配合したもの。それ以外の洗剤(酸素系漂白剤や酸性洗剤)は残念ながら役に立ちません。
スポンジ
すすぎと塩素系漂白剤を手すり全体へ塗り広げるときに使用します。すき間を空けずに塗れるやつなら何でも構いません。
タオル
ポタポタと垂れてしまった塩素系漂白剤の拭き取り用に。設備の脱色や変色といったトラブルを防ぐためにも必ず用意しましょう。
ゴム手袋
手荒れを防いでくれるゴム手袋。今は100均でも買えますから、掃除用にひとつ持っておくといいでしょう。

カビの落とし方

カビの落とし方は掃除の基本に忠実です。むずかしい作業はひとつもありません。わずか4ステップでキレイになりますから、以下の手順を参考にチャレンジしてみてください。
  1. カビ取り剤をすき間なく塗る
  2. 垂れたものをタオルで拭き取る
  3. 30分くらいそのまま放置する
  4. シャワーですすぎをして乾かす
これさえやっておけば初期対応は完璧です。ただし浴槽や床に垂れたカビ取り剤は、シャワーで流すかタオルで拭き取っておいてください。世の中には洗剤への耐性がない設備がたくさんあります。せっかく手すりがキレイになっても他で失敗しては意味がないので、忘れないようにしてください。

ビフォーアフター

カビ
清掃前 ポツポツとした黒カビが手すり全体を覆っています。本来の白さは失われてしまっており、清潔感が溢れるお風呂には似つかわしくありません。
手すり
清掃後 カビが消えて手すりが生まれ変わりました。雰囲気、清潔感、掃除をする前とは別物のようです。これなら素手でさわっても平気ですし、明日からのお手入れもラクになるでしょう。

コツ・ポイント

カビが生えた手すりをピカピカに仕上げるには、塩素系漂白剤を手すり全体に塗ってあげることが重要です。カビが出ていないところにも塗布しておけば、全体の明るさが揃って3割増しでキレイに見えます。